TOPページ > 検索結果

検索結果 【パーク24】

マツダレンタカーとパーク24は大阪府大阪市で電気自動車(EV)カーシェアリングによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、大阪府大阪市が実施する「電気自動車(EV)を活用したカーシェアリングのモデル事業」の運営事業者にマツダレンタカー(広島県広島市南区)とパーク24(東京都千代田区有楽町)が認定されたと発表した。マツダレンタカーとパーク24は、12月25日から大阪府大阪市内の5か所で、電気自動車(EV)5台を使って地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーシェアリングサービス「タイムズプラス」を実施する。大阪府大阪市の電気自動車(EV)カーシェアリング事業は、大阪府大阪市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、地球に優しい低炭素型交通システムを構築する一環として、カーシェアリングと電気自動車(EV)の普及に向けた課題の把握、取り組むべき方策を検討するため、試験的に実施される。マツダレンタカーとパーク24は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、独自に開発した電気自動車(EV)カーシェアリングの仕組みを活用し、大阪府大阪市都心部と咲州地区の計5か所に、三菱自動車の電気自動車(EV)i-MiEV5台を導入する。電気自動車(EV)を使ったカーシェアリングサービスを一般市民に提供し、自動車の削減に結び付く可能性のある地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーシェアリングや二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの電気自動車(EV)を気軽に体験してもらうという。電気自動車(EV)の利用料は15分200円であるが、このほか、法人会員は月額費用は無料で、個人会員は別途月額1000円が必要になる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> マツダレンタカーとパーク24は大阪府大阪市で電気自動車(EV)カーシェアリングによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市とパーク24(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市の公用車を活用して電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及促進を目的としたカーシェアリングと充電利用の実証実験を実施すると発表した。福岡県北九州市において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を活用した大規模な実証実験は初めてのケースであり、2010年11月中旬から約1か月間にわたって実施するという。福岡県北九州市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組む環境モデル都市として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの環境問題対応の次世代自動車の導入を推進している。今年度は国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験」に選定されている。これを受け、福岡県北九州市はパーク24の協力を得て電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)カーシェアリングの実施による、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を実施することになった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、平日に福岡県北九州市が公用車として使用している三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」とトヨタのプラグインハイブリット「プリウスプラグインハイブリッド」を、福岡県北九州市役所が休みとなる土・日・祝日に福岡県北九州市民に無料で貸し出すというものだ。同時に、パーク24が福岡県北九州市内で運営する時間貸駐車場「タイムズ」のうち、約15か所に電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電設備を設置し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の運転と駐車場での充電を体験してもらうという実証実験になっている。福岡県北九州市民に次世代環境自動車を体感してもらい、地球環境問題への意識を高めてもらうと同時に、走行ルートや走行距離、充電施設の利用時間などを調査し、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及に向けた問題点を把握するために活用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

パーク24がPASMO交通ICパーク&ライドサービスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 パーク24(東京都千代田区有楽町)は、時間貸駐車場「タイムズ」の運営で有名であるが、今般、相模鉄道(神奈川県横浜市西区)と提携し、交通ICパーク&ライドサービスを開始すると発表した。神奈川県内の相模鉄道で実施する交通ICパーク&ライドサービスは初めてであり、相模鉄道の利用促進とタイムズの利便性向上を図るとともに、渋滞緩和や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも貢献するという。先ずは、相模鉄道・上星川駅前にあるタイムズにおいて、PASMOを利用した交通ICパーク&ライドサービスを始めるという。この駐車サービスでは、PASMO内に記録された相模鉄道の乗車履歴とタイムズの精算機システムを連動させることによって、タイムズの駐車料金を自動的に200円割り引くことができるサービスとなっている。PASMOに記録された相模鉄道の乗車履歴に応じて、自動的にタイムズの駐車料金が優待割引料金となるため、スムーズに利用できるという。従来から、相模鉄道横浜駅を周辺の主要幹線道路は、朝夕の交通渋滞が著しく、定時性の確保や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などの地域社会問題となっている状況にある。今回のパーク24が開始する交通ICパーク&ライドサービスを活用すれば、利用者も交通渋滞に巻き込まれず、定時性を確保しながら、相模鉄道沿線におけるレジャーやビジネスなどの目的を果たせる。両社では、今後とも、パーク24の設備と相模鉄道の交通網を最大限活用しながら、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも寄与することができる電車と車のサービスの提供を拡大していくと表明している。

> パーク24がPASMO交通ICパーク&ライドサービスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら