TOPページ > 検索結果

検索結果 【トヨタ自動車】

トヨタ自動車は欧州連合(EU)で二酸化炭素(CO2)排出量削減1位で地球温暖化の原因防止対策

 欧州連合(EU)によると、自動車メーカーによる昨年の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての二酸化炭素排出量(CO2)の削減幅は、トヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)が1位を獲得するなるなど上位を日本のメーカーが占めたという。欧州連合(EU)のデータによると、トヨタ自動車は昨年、トヨタ自動車の自動車から排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を平均で10%削減しており、前年のトップだったドイツBMWの削減幅の5倍超に達したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の2位は、日本のスズキ(静岡県浜松市南区)で削減幅は9.1%であり、3位はマツダ(広島県安芸郡府中町)で削減幅5.4%と続いた。昨年のトヨタ自動車の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は1キロメートルあたり132グラムであった。欧州連合(EU)は、2015年の二酸化炭素(CO2)排出量を平均130グラムとすることを目標にしているが、トヨタ自動車は、フランスプジョー・シトロエンやイタリアフィアットとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減の目標の達成が可能となった。欧州連合(EU)で販売された自動車による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は2009年、平均で1キロあたり145.7グラムで、2015年の目標を11%上回った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トヨタ自動車は欧州連合(EU)で二酸化炭素(CO2)排出量削減1位で地球温暖化の原因防止対策はこちら

ヨーロッパにおける自動車の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量

 イギリスの自動車市場調査会社であるJATOダイナミクスは、2010年上期(1~6月)にヨーロッパ各国で販売された量産自動車の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を発表した。ブランド別の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量平均値、はトヨタ自動車が2位で2015年のEU(欧州連合)目標値もクリアしているという。将来的には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が基準値を超えた自動車メーカーは罰金を科されるので、各社は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ない車の販売戦略の見直しを迫られる可能性があるという。排出量は車が1km走行する場合にどのくらいの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するかを表しており、この数値が低い方が環境性能が高い車ということになる。ブランド別の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の平均値は、ヨーロッパで販売した車の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をすべて加算し、1台当たりの平均値を割り戻して計算した。ブランド別では、フィアットが1km当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量平均値が123.5グラムで首位にたった。これは車種別で首位だった「フィアット500」など小型車の販売が多いことが影響したといえる。2位はトヨタ自動車で128.0グラムで、これは、5人乗り乗用車としては最も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が少ないハイブリッド車(HV)「プリウス」や、低燃費の小型車「ヤリス(ヴィッツ)」の販売がヨーロッパで好調なことが影響した。ヨーロッパでのハイブリッド車HVの販売が少ないホンダは146.8グラムだった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の多いSUV(スポーツ用多目的車)のシェアが高い日産自動車も147.2グラムだった。EUの行政執行機関である欧州委員会は2020年までに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の平均値が95グラムを達成しなかったメーカーに対しては、超過分と台数に応じた罰金を科す予定をしている。2015年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の目標値を130グラムに設定しており、規制の時期が前倒しされる可能性も少なくないといわれている。販売台数が少ない自動車メーカーはコストに合わず、ヨーロッパ市場から閉め出される可能性もあるという。JATOダイナミクスがによる9月のヨーロッパの新車販売台数は、各国の買替補助金支給の終了で前年同月比9.1%減の125万7102台だったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ヨーロッパにおける自動車の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量はこちら

愛知県豊田市・東京都文京区のトヨタ自動車はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、原料の3割を石油からサトウキビに転換した新型プラスチックを、車両の内装に順次採用する。石油の消費を抑えるとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する植物の使用で地球温暖化防止に貢献する狙いがあるという。トヨタ自動車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として使用する新型プラスチックは、バイオポリエチレンテレフタレート(バイオPET)である。これは、現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ペットボトルの容器包装には使用されているが、量産型自動車への採用は世界で初めてのケースだという。トヨタ自動車はバイオPETを、平成23年発売予定の高級ブランド「レクサス」の小型ハイブリッド車「CT200h」のトランク部分に採用する。平成23年には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を進めるため、バイオPETなど植物由来の素材が内装の8割を占める車種も発売する。トヨタ自動車はこれまで、トウモロコシを原料にした別の素材を一部車種の内装に使っていたが、それに比べるとバイオPETは摩耗や熱への耐久性が大幅に向上し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも一層貢献するものになっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市・東京都文京区のトヨタ自動車はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)プリウスが200万台突破

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は10月7日、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する車として、ハイブリッド車(HV)「プリウス」の世界販売台数が2010年9月末で200万台を突破したと発表した。世界初の量産ハイブリッド車(HV)として1997年12月に発売されたプリウスは、2008年4月末に100万台を突破するまで10年以上を要したが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への機運の高まりも得て、その後のわずか2年5か月という期間で100万台を上乗せしたことになる。ハイブリッド車(HV)プリウスの2010年9月末までの累計販売台数は約201万2千台となっている。ハイブリッド車(HV)プリウスは、当初、日本国内だけの販売だったが、2000年から海外でも販売を始めた。ハイブリッド車(HV)プリウスは、燃費が桁違いによく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が少ないため、海外市場でも人気が高く、これまでの地域別販売台数は北アメリカが約93万9千台と最多になっており、日本市場は約82万7千台、ヨーロッパは約20万6千台となっている。ハイブリッド車(HV)プリウスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題に貢献していることから、ハリウッドスターやセレブの間でもマイカーとしている者が数多くいるのでも有名だ。トヨタ自動車では、2010年代のできるだけ早い時期に、世界で年間100万台のハイブリッド車(HV)の販売を目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)プリウスが200万台突破はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入し、公用車として利用している電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を、11月から土日祝日などの北九州市役所の閉庁日に北九州市民に対して無料で貸し出すと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に有効な電気自動車(EV)の普及や、乗りたい時だけ借りる「カーシェアリング」のPRを図る目的がある。北九州市環境局によると、期間は11月中旬から12月中旬の土日曜と祝日に貸出を行うという。北九州市が無料で貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の公用車として活躍している三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」の2台となる。北九州市の閉庁日に貸し出すため、JR小倉駅(福岡県北九州市小倉北区浅野)とJR黒崎駅(福岡県北九州市八幡西区黒崎3丁目)近くのマツダレンタカー(広島県広島市南区金)に委託し、貸し出しを行う。また、北九州市内でパーク24(東京都千代田区有楽町)が運営するコインパーキング「タイムズ」約10か所で1時間程度無料で駐車できるという。三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」のレンタル希望者は、10月1~15日に北九州市環境モデル都市推進室(093-582-2239)に申し込む必要がある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛知県安城市はエコカー補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 政府のエコカー補助金制度は9月の途中で終了したが、愛知県安城市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も目的として、安城市独自のエコカー補助金制度を10月から導入すると発表した。愛知県安城市では、来年3月までの半年間に限り、これまでの国のエコカー補助金制度と同様に普通・小型車に10万円、軽自動車には5万円のエコカー補助金を支給するという。ただし、愛知県安城市内の販売店で新車を買うことが支給条件となっている。ハイブリッド自動車(HV)や電気自動車(EV)に限らず、「ガソリンや軽油1リットルで20km以上走ることが可能」な低燃費車がエコカー補助金の対象としており、2,200台にエコカー補助金を支給するという。愛知県安城市内にはトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)系列の部品メーカーが多く、自動車産業の業績が安城市の財政を左右する。安城市の法人市民税のうち、企業業績に連動する部分の税収は、2008年度は27億円あったが、トヨタ自動車の業績が悪化すると2009年度はゼロになった。愛知県安城市独自のエコカー補助金制度で、国の補助金制度終了後の新車販売の落ち込みを緩和して、安城市の税収の確保も目指す目的となっている。神谷学安城市長は「愛知県安城市内において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する低燃費のクルマや部品を作る機運を盛り上げたい」と話している。トヨタ自動車の本拠地である愛知県豊田市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)20台を豊田市役所の公用車として購入した。既に、豊田市内11か所にある急速充電スタンドも増設し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献するエコカーに対する豊田市民の意識を高めようと考えているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県安城市はエコカー補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大阪ガスが家庭用燃料電池SOFCで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 大阪ガス(大阪府大阪市中央区)は、京セラ(京都府京都市伏見区)、トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)、アイシン精機(愛知県刈谷市)と共同開発した、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減防止対策にも大きく寄与する家庭用固体酸化物形燃料電池SOFC)コージェネレーションシステムの2010年度型機を大阪ガスの供給エリア内の戸建住宅に41台設置して、実証実験を開始する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する家庭用燃料電池SOFCは、定格発電効率45%以上と発電効率が非常に高く、さらに、発電ユニットが小さく、排熱利用した給湯暖房ユニットもコンパクトに設計できるため、設置場所に制約のある戸建住宅や集合住宅に適している設備である。今回、大阪ガスが実証実験する家庭用燃料電池SOFCは、従来機種よりも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減と日常的なランニングコストの低減を図ったものとなっている。家庭用燃料電池SOFCの発電ユニットは、都市ガスを水素に改質する燃料改質器、電気を発生させるセルスタックなどで構成するモジュールの断熱性を高めたため、電気需要の大小にかかわらず高い発電効率を維持することができるという。家庭用燃料電池SOFCのセルを結合する集電材のコーティング材料も改良しており、セルスタックなどの劣化を防ぐ脱硫剤を増量したことから、家庭用燃料電池SOFCの耐久性も向上したという。家庭用燃料電池SOFCの排熱利用給湯暖房ユニットでは、貯湯タンクの容量を変更し、補助熱源機を潜熱回収型にすることでエネルギー効率の向上を図ったことから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減能力も向上した。大阪ガスは、京セラと家庭用燃料電池SOFCのの開発に着手していたが、その後2009年3月からはトヨタ自動車、アイシン精機の4社で家庭用燃料電池SOFCを共同開発している。また、家庭用燃料電池SOFCの排熱利用給湯暖房ユニットは、2006年から長府製作所(山口県下関市)と共同開発し、2009年12月には共同開発した家庭用燃料電池SOFCの実証機で実験を開始している。今後、家庭用燃料電池SOFCの実証実験データをもとにシステムの信頼性・耐久性を検証し、機器のコストダウンや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの向上にも取り組み、家庭用燃料電池SOFCの2010年代前半の開発完了を目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪ガスが家庭用燃料電池SOFCで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

NEDOのSOFCで二酸化炭素(CO2)排出量を削減し地球温暖化の原因防止対策

 トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町)とアイシン精機(愛知県刈谷市朝日町)は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環としての「固体酸化物形燃料電池実証研究事業」向けに「家庭用固体酸化物形燃料電池(SOFC)」コージェネレーションシステム約60台を提供する。トヨタ自動車とアイシン精機が提供する家庭用燃料電池のコージェネレーションシステムは、大阪ガス(大阪府大阪市中央区)及び京セラ(京都府京都市伏見区)とともに4社で共同開発し、トヨタ自動車とアイシン精機が製造しているものである。今回のNEDOの家庭用燃料電池実証研究事業には、北海道ガス(北海道札幌市中央区)、東京ガス(東京都港区海岸)、東邦ガス(愛知県名古屋市熱田区)、大阪ガス及び西部ガス(福岡県福岡市博多区)のガス会社5社が参画している。トヨタ自動車とアイシン精機は、昨年度に実施された実証研究事業にも家庭用燃料電池の機器を提供しており、SOFCが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネ性能に優れた性能を有する機器であることを確認した。2010年度は、これまでの実証研究事業で判明した家庭用燃料電池の技術開発課題を克服するため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネ性能が一層図れるように、家庭用燃料電池の発電ユニットの低出力時の負荷効率の向上を図るとともに、貯湯タンクの容量を増やして排熱の有効利用度の向上を図るという。また、家庭用燃料電池の商品性を向上させるため、耐久性・メインテナンス関連も改善した。トヨタ自動車とアイシン精機は、今年度の実証研究事業に家庭用燃料電池の機器を提供することで、家庭用SOFCコージェネレーションシステムの開発・実用化を加速したい意向だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> NEDOのSOFCで二酸化炭素(CO2)排出量を削減し地球温暖化の原因防止対策はこちら

トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は、製品と環境との調和を目指す2011~2015年度の5か年計画を発表し、2010年代初頭に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ハイブリッド車(HV)の世界累計販売台数を500万台とする目標を盛り込んでいる。国内生産で排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年に比較して25%削減する方針も明記し、トヨタ自動車は国の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標に歩調を合わせた形となっている。トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)の累計販売台数は、1997年の発売開始から今年7月末までに約268万台となっており、今後数年間で販売台数を倍以上に増やす計画になっている。トヨタ自動車の計画には、このほか、さらなる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない、家庭で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を2012年から販売することや、同じく走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない、水素を燃料にする燃料電池車を2015年度までに市場投入することなどが盛り込まれている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

二酸化炭素(CO2)削減へ電気自動車(EV)で地球温暖化の原因対策

 走行時に二酸化炭素(CO2)などの地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない電気自動車(EV)の販売に、各自動車メーカー各社で熱が入っている。国内初の個人向け販売を行った三菱自動車(東京都港区)の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」は、納車されるまで数か月待ちの状態が続いている。電気自動車(EV)用の充電スポットの設置も進んでおり、自治体によっては設置補助金を出しているところもある。三菱自動車の電気自動車(EV)アイ・ミーブはベースとなる軽自動車「アイ」とほぼ同じ大きさで、最大出力も64馬力と同じだが、低速域のトルクはかなり大きい。電気自動車(EV)だけに走行中の車内音も静かで、タイヤの接地音とエアコンの作動音が聞こえるだけで、変速ショックもないという。電気自動車(EV)の減速時にはモーターが発電機として蓄電池に電気を蓄える仕組みとなっている。アイ・ミーブがフル充電で走れる距離は約160kmとなっている。電気自動車(EV)の充電口は車体の両側にあり、左側は急速充電用であり、右側の通常充電用は100ボルト又は200ボルトのコンセントに対応しており、100ボルトであれば14時間でフル充電可能だという。ちなみに、大阪府内には現在16基の電気自動車(EV)用の急速充電スポットがあり、「おおさか充電インフラネットワーク」に登録すれば無料で充電できるという。また、アイ・ミーブの電気自動車(EV)は398万円だが、政府の電気自動車(EV)補助金交付を受ければ実質284万円になるが、既に納車待ちの人気となっている。日産自動車(神奈川県横浜市)が12月に発売予定している普通乗用車サイズの電気自動車(EV)「リーフ」は、既に予約だけで販売目標6000台をクリアしたという。本田技研工業(東京都港区南青山)は、2012年に日米で電気自動車(EV)を発売することを表明している。トヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)は、電気自動車(EV)開発で有名なアメリカのテスラ・モーターズ社と資本業務提携し、2012年にアメリカで電気自動車(EV)を発売する。一方、2011年にはリーフの電気自動車(EV)タクシー50台が大阪府大阪市内に登場し、専用タクシー乗り場も設けられるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)削減へ電気自動車(EV)で地球温暖化の原因対策はこちら

トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく貢献しているハイブリッド車の国内での販売台数が7月末で100万台を超えたと発表した。地球温暖化の原因対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)の発売は、1997年8月にまで遡り、トヨタ自動車で初めてとなるハイブリッド車(HV)「コースターハイブリッドEV」を発売した。続く、1997年12月には世界初の量産型ハイブリッド(HV)乗用車「プリウス」を発売している。その後、トヨタ自動車では、地球温暖化の原因対策に貢献するミニバン、SUV、FRセダンなどハイブリッドカーのラインナップを拡充し、2009年に発売した3代目プリウスや、レクサスブランドからも「HS250h」、トヨタブランドの「SAI」のハイブリッド車(HV)専用車を2車種を発売するなど、地球温暖化の原因対策に貢献するハイブリッド車(HV)のラインナップを充実させてきた。特に、3代目となった現行プリウスは、低価格と燃費性能の良さ、デザインなどが評価され、政府による地球温暖化の原因対策のエコカー補助金制度もあって爆発的なヒットとなっている。現在、トヨタ自動車では、国内で9車種の地球温暖化の原因対策に貢献するハイブリッド(HV)乗用車及び3車種のハイブリッド(HV)商用車を市販している。海外では、8車種のハイブリッド(HV)乗用車を約80の国と地域で販売しており、国内外合わせた累計台数は268万台を突破したという。トヨタ自動車では、7月末までに販売したハイブリッド車(HV)の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、車両サイズや動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車の二酸化炭素(CO2)排出量と比較した場合、国内で約400万t、国内・海外を合わせて約1500万tの二酸化炭素(CO2)排出抑制効果があったと試算している。トヨタ自動車は、2020年代の早い時期には、ハイブリッド車(HV)技術を全モデルに展開する方針で、自動車から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量低減に貢献していくとコメントを出している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら

愛知県豊田市は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減へスマートグリッド協議会設立

 愛知県豊田市は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け、トヨタ自動車(愛知県豊田市)や中部電力(愛知県名古屋市)などと、電力需給を戸別のIT(情報技術)機器で調整するスマートグリッド(次世代送電網)の実証実験の推進母体となる「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」を設立した。今般設立された「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」は、豊田市、トヨタ自動車、中部電力、コンサルティング会社であるドリームインキュベータ(東京都目黒区)が幹事会社となって地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減活動を推進していくという。全体では20ほどのの企業や団体が共同で、愛知県豊田市に新たに造成する住宅団地で2014年度までの5年間にわたって地球温暖化の原因対策のスマートグリッドの実証実験を実施するという。地球温暖化の原因対策のスマートグリッドの実証実験では、トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車(PHV)など次世代環境車を、動く蓄電池として利用していくという。地球温暖化の原因対策のプラグインハイブリッド車(PHV)を太陽光発電や住宅用燃料電池など新しいエネルギー装置と組み合わせて、住宅から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の70%削減することを目標に設定する。また、豊田市は、豊田市内の公共施設など約20か所に地球温暖化の原因対策のプラグインハイブリッド車(PHV)用充電スタンドを順次設置していく。さらに、豊田市の路線バスに化石燃料を使用しない燃料電池車を導入し、交通分野における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を平成2年度比で40%の削減を目指すという。実証実験では、今年度中に約4千台になる次世代環境車など必要な機器を整備して、来年春頃から本格的に実証実験を始めることになるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減へスマートグリッド協議会設立はこちら