TOPページ > 検索結果

検索結果 【ゼロエミッションカー】

日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコカーとして、12月から日本とアメリカで発売する電気自動車(EV)リーフの生産を日産自動車追浜工場(神奈川県横須賀市)で始めた。電気自動車(EV)リーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しないゼロエミッションカーで、日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)を次世代エコカーの主役と位置づけており、電気自動車(EV)リーフ発売が秒読み段階にに入ったという。日産自動車が発売する電気自動車(EV)リーフがフル充電での走行距離は約160キロで、日本での販売価格は376万円となり、国の補助金を差し引くと299万円となるという。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の主役として、電気自動車(EV)リーフの年間生産台数をルノー分も含めて2012年に50万台に引き上げる考えを表明している。電気自動車(EV)リーフを最初に生産する神奈川県横須賀市の日産自動車追浜工場では、生産効率を高めるため、小型車「キューブ」などと同じ生産ラインで製造するという。日産自動車では、電気自動車(EV)リーフを11月にアメリカ向けの輸出を開始し、12月にはヨーロッパ向けの輸出も始めて2011年1月から販売する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら