TOPページ > 検索結果

検索結果 【ゴミ減量】

京都府京都市と栃木県宇都宮市の地球温暖化の原因防止対策

 京都府京都市では、地球温暖化の原因防止対策の一環として清涼飲料水を量り売りするなど環境に優しい「エコ・コンビニ」を、京都市役所内に2009年6月23日から3カ月限定で設置している。地球温暖化の原因防止対策としてのマイボトルの普及に取り組む京都市民団体が運営しており、食料品や飲料など150~200種類の商品を販売するが、缶やペットボトル飲料は置かず、客のマイボトルに店員がジュースやお茶などの中身だけを機械から注いで販売する形態をとっている。飲料用の大型冷蔵庫が不要で地球温暖化の原因防止対策のエネルギーの削減につながるほか、ゴミ減量にも役立てる狙いとしている。京都市は地球温暖化の原因防止対策のビジネスモデルとして成り立つのかを検証し、京都市以外に全国に拡大したい考えのようである。 
 また、栃木県宇都宮市が地球温暖化の原因防止対策の一環として展開する「もったいない運動」に、自転車プロロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」がチームを挙げての参画を表明した。選手たちは地球温暖化の原因防止対策のロゴが入ったユニホームでレースに参戦することになる。地球温暖化の原因防止対策のロゴは左肩にプリントされているため、自転車競技ではメディアなどへの露出効果が非常に高いことになる。地球温暖化の原因防止対策のロゴは物を大切にし、人を思いやる心を大きなハートで表現しており、節約や倹約など栃木県宇都宮市の環境対策への取り組みに賛同したブリッツェンが、無償の掲示を決めた。また、選手、スタッフ全員は地球温暖化の原因防止対策やゴミ減量に取り組むことを誓う「もったいない宣言」に登録し、実践面でも運動に協力していくとしている。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 京都府京都市と栃木県宇都宮市の地球温暖化の原因防止対策はこちら

徳島県鳴門市で地球温暖化防止対策のマイバッグ運動

 徳島県の鳴門市では、地球温暖化防止対策として取り組んでいる施策の一つとして、市民に進んでゴミ減量に取り組んでもらおうと、マイバッグ普及運動推進に取り組んでいる。その取組みの一環として、市民から募集していたキャッチフレーズとシンボルマークが決定した。キャッチフレーズは、小学5年生の作品で「お買い物、いつもその手に、マイバッグ」に決まった。シンボルマークは、赤いハートに「I ハート(記号) ECO」の文字が入ったエコバッグで、親しみやすく愛されるマイバッグを表現した中学1年生の作品を採用した。決定したキャッチフレーズとシンボルマークが書かれたのぼりを、市内スーパーマーケットやコンビニなどの目立ちやすい場所に掲げる。これによって、鳴門市では、地球温暖化防止対策のマイバッグ運動が普及することを大いに期待している。


貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報

> 徳島県鳴門市で地球温暖化防止対策のマイバッグ運動はこちら