TOPページ > 検索結果

検索結果 【コペン】

愛媛県は電気自動車(EV)の開発で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減と産業振興対策

 愛媛県は、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の開発で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とともに、地元愛媛県の産業の活性化を狙っている。既に中核となる「愛媛県電気自動車(EV)開発センター」を設立している。これは、愛媛県内の中小企業でも、市販車にモーターや電池を組み込んで、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)に改造する事業ならば参入できるからだという。第1弾として、愛媛県内の整備工場の整備士らが集まり、ダイハツ工業(大阪府池田市ダイハツ町)製の軽自動車「コペン」の電気自動車(EV)化に取り組んでいる。初の走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない「愛媛県産電気自動車(EV)」は、1回の充電での走行距離は100km、最高時速は190kmになるという。ただ、今回の愛媛県産電気自動車(EV)には、韓国製の高性能電池などを使用しており、改造に必要な部品代だけで約500万円もかかり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、実用化に向けては大幅なコストダウンが大きな課題としてのしかかっている。愛媛県では、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動の新聞配達用バイクや小型電動漁船も開発中だという。愛媛県産業創出課は、「地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる先進の電気自動車(EV)分野には、愛媛県内の企業の関心も高いものがある。電気自動車(EV)の技術を蓄積し、新たな愛媛県の産業振興対策につなげたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県は電気自動車(EV)の開発で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減と産業振興対策はこちら