TOPページ > 検索結果

検索結果 【ケミカルリサイクル】

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の容器包装リサイクル法は材料リサイクルを継続

 産業構造審議会と中央環境審議会は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みである容器包装リサイクル法容リ法)について、再商品化事業者の入札制度で材料リサイクル事業者を優先する方式を継続することをまとめた。10月5日に公表した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「プラスチック製容器包装の再商品化手法及び入札制度の在り方に係る取りまとめ」の中で、容器包装リサイクル法の見直しまでの間については、材料リサイクル手法を優先する扱いを継続するとの結論を出した。材料リサイクルは、廃プラスチックをプラスチックの原料に再利用する手法のことをいい、新たな原料の使用が減ることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとされている。廃プラスチックから再びプラスチック製品を作り出すことができることから、容器包装リサイクル法の取扱いとしては、高炉還元剤などに再利用するケミカルリサイクルより優先している。市町村が回収したプラスチック製の容器包装のごみの再商品化を委託する事業者を決める入札制度では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から、材料リサイクル事業者が優先的に落札できる仕組みになっている。しかし、プラスチック製の容器包装の材料リサイクルはケミカルリサイクルよりコストがかかるうえ、投入した廃プラスチックの約半分の量しかプラスチックの原料にリサイクルできないことから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての環境負荷低減効果を疑問視されるようになり、容器包装リサイクル法の材料リサイクル優先を改めるべきだとの意見もある。産業構造審議会と中央環境審議会は、昨年4月から合同会合を開き、容器包装リサイクル法における材料リサイクルとケミカルリサイクルについて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての環境負荷低減効果とコスト、消費者のわかりやすさの観点で再検討を続けてきた。その結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての環境負荷低減効果は両者とも同等であり、コストはケミカルリサイクルが優れ、わかりやすさでは材料リサイクルとなった。容器包装リサイクル法において、プラスチックの材料リサイクル優先を積極的に肯定する結果にならなかったが、これを変更するだけの材料は十分でないとした。容器包装リサイクル法は、2013年に一部改正が見込まれており、プラスチック製容器包装の再商品化の方法については、また議論を呼びそうだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の容器包装リサイクル法は材料リサイクルを継続はこちら