TOPページ > 検索結果

検索結果 【クリーンエネルギー】

新潟県上越市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電事業が赤字でピンチ

 新潟県上越市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、クリーンエネルギーの新潟県上越市市内への普及を目的に進めている風力発電事業の累積赤字が、2009年度で約1億5600万円に上ると発表した。新潟県上越市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、これまで4基のクリーンエネルギーの風力発電施設を新潟県上越市内で管理・運営しているが、落雷による故障が相次いでいた。しかも、新潟県上越市の風力発電施設4基のうち3基が外国製であることから、故障した風力発電の部品取り寄せや修理にかなりの時間がかかり、その間、風力発電は休止している。新潟県上越市は風力発電施設の落雷対策の強化に乗り出したが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいうものの、抜本的な風力発電事業に伴う赤字解消策は見えていない。新潟県上越市の風力発電施設は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のシンボルとして、「三の輪台いこいの広場」(新潟県上越市国府)に2基、直江津港の「港公園」(新潟県上越市大字直江津)と「道の駅うみてらす名立」(新潟県上越市名立区名立大町)に各1基が、建設費は1基当たり約1億6600万円~約2億6400万円をかけて整備されている。2001年4月から2003年11月にかけて、風力発電は順次発電を開始し、販売先の東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)の設備に向けて送電されている。新潟県上越市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電施設の最大の敵は、冬季に多い落雷となっている。新潟県上越市の港公園にあるドイツ製の風力発電施設が昨年1月に落雷で故障し、修理して発電を再開するまでに1年もの期間がかかった。昨年度は新潟県上越市の風力発電施設全4基が、345~32日間故障して発電が止まった。このため、新潟県上越市の東北電力への売電額は約1,000万円と伸び悩み、風力発電による売電と維持管理費の収支差だけで約3,800万円の赤字となったという。今年度、新潟県上越市は直江津港の港公園の施設で、風力発電施設の風車の羽根の装置を改良して避雷針としての機能を高めた。また、三の輪台いこいの広場のデンマーク製の風力発電施設については、2基を接続しているケーブルを交換して落雷による被害を防ぐ対策を講じたという。新潟県上越市環境保全課は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電施設の売電収入と維持管理費の支出が同額程度になるのが目標」としているが、イニシャルコストの回収は頭にないようである。新潟県上越市の風力発電施設は起債で整備したことから、2017年度までに毎年度約2,700万円の借金を返済する必要がある。そのうえ、東北電力による風力発電からの余剰電力買取価格が低額に設定されており、改善は簡単にはいかない。新潟県上越市議会からは、「新潟県上越市の財政が窮迫する中で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、大きな赤字を出しながらも風力発電を継続していく意義はあるのか」と指摘されている。しかし、風力発電施設の耐用年数に到る前に中止すると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電施設建設費などに対して約3億円の補助金を拠出した新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から、補助金返還を求められる可能性がある。風力発電については、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の象徴になるとはいえ、イニシャルコストが莫大な割にはそれに見合う発電量が少なく、しかも、故障が多く、そのうえバードストライクや騒音による苦情もあるなど、導入に当たっては検討する事項が非常に多い。新潟県上越市のように、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの補助金も出るからと、安易に風力発電施設を導入すると、後々大変なことになるという先例を残してくれたといえる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県上越市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電事業が赤字でピンチはこちら

大分県日田市は小水力発電で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 大分県日田市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、大分県日田市中心部を流れる小ケ瀬井路に、発電時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない小水力発電機を設置して、実証実験を開始した。11月1日~来年2月10日は大分県日田市の中野川に小水力発電機を移して実証実験を行うという。両方の実証実験の調査結果を集約して検討し、将来、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、クリーンエネルギーの小水力発電を核にした資源循環型社会形成の可能性を探るという。大分県日田市の取組みは、大分県や宇佐市と共に総務省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「緑の分権改革推進事業」の適用を受けたもので、クリーンエネルギー活用の具体的な事業展開を図るものとなっている。大分県日田市は「水郷ひた」として豊かな水資源に恵まれ、河川や農業用水路など地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる小水力発電に最適な環境が整っているが、ほとんどが未利用状態のままとなっている。大分県日田市三芳小渕町の住宅街を流れる小ケ瀬井路では、工事を伴わない最大出力1キロワットの流水式発電機が設置され、井路をせき止めて80センチ程度の落差をつくり、水流によって流水式発電機を回転させた。夜間は小水力発電機に付けた60wのLEDライト(発光ダイオード)2基を点灯して大分県日田市民に見学してもらうという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大分県日田市は小水力発電で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県のキリンビバレッジの工場は太陽光発電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県高座郡寒川町にあるキリンビバレッジ(東京都渋谷区神宮前)の湘南工場では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、工場の壁面に整然と並ぶ約500枚のクリーンエネルギーの太陽光発電システムのパネルが大きな特徴となっている。この60kWの太陽光発電システムの稼動は2006年3月からであるが、神奈川県高座郡寒川町の近隣でも評判であるばかりか、取引先や工場見学に訪れる市民などからも、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や地球環境問題に力を入れている企業なんですね」と言われることが増えたという。キリンビバレッジ湘南工場が太陽光発電システムの導入を検討し始めたのは、キリンビバレッジの行動指針として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するために「クリーンエネルギーの導入」や「従業員、見学者、取引先への啓蒙」を掲げているからである。これを実現するためには、太陽光発電システムの設置が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、誰にでも視覚的にわかりやすく最適だと判断したという。太陽光発電システムの重さに対する構造計算では、多くの建物で強度不足が判明し、強度を満たす建物屋上には、テニスコートがあった。これを避けると、設置場所は壁面しかなく、建物が南に向いているため、太陽光発電システムの発電効率の低下は最小限に抑えられることから壁面への設置が決まった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての太陽光発電システムの発電量は、年間平均5万4000kWh程度であることから、出力60kWの太陽光発電システムとして平均的だという。現在、湘南工場の事務部門で使用する電力量の約4%をクリーンエネルギーの太陽光発電システムで賄っているという。湘南工場に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、壁面に太陽光発電システムを設置して以来、地方自治体などから地球環境問題をテーマにしたセミナーの一環として工場見学させてほしいという申込が増加したという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する地球環境問題に係るセミナーを湘南工場自ら企画するなど、湘南工場としても環境問題への取組みをアピールしやすくなったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県のキリンビバレッジの工場は太陽光発電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の白書

 神奈川県川崎市幸区にある新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する白書として、初めて「再生可能エネルギー技術白書」をまとめた。クリーンエネルギーである太陽光発電風力発電などの再生可能エネルギーと、その導入拡大を支えるスマートグリッド(次世代送電網)技術の現状と今後のロードマップ(技術開発目標)を記載している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる再生可能エネルギーの中でも、特に、太陽熱発電は普及の可能性が高く、諸外国への輸出に期待がかかる。再生可能エネルギーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策だけでなく、新たな産業創出にもつながるものである。国のエネルギー基本計画では、2020年までにエネルギー供給に占める再生可能エネルギーの割合を1割まで増やすことを目指している。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の白書では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、主力の太陽光発電、風力発電、バイオマス発電を始め、新たなクリーンエネルギー技術として注目される太陽熱発電や波力発電など17種類の再生可能エネルギーを取り上げている。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの中で重視しているのは、太陽熱発電だといい、これは太陽熱で作った蒸気・高温ガスでタービンを回して発電するクリーンエネルギーである。世界的には、アフリカ、中東、インド北西部、アメリカ南西部など日射量が多く乾燥した地域が適地であるといえ、実際にアメリカやスペインでは、既にクリーンエネルギーの太陽熱発電の実用設備が稼働しており、その他の国でも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から再生可能エネルギーの太陽熱発電の導入計画が相次いでいる。太陽熱を集める再生可能エネルギーの太陽熱発電の方式の主流はトラフ型太陽熱発電であり、次いでフレネル型太陽熱発電、タワー型太陽熱発電となっている。トラフ型太陽熱発電は、太陽の光を樋の形をした鏡で集めて蒸気や高温ガスを作る仕組みとなっている。フレネル型太陽熱発電はトラフ型の変形で平面の鏡を使って熱を集める。タワー型太陽熱発電は、塔の上部に設けた集熱器の周囲に多くの鏡を配置し、光を集めることによって熱を取り出す仕組みとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、再生可能エネルギーの太陽熱では夜間や曇天時に発電できないが、晴天時の熱を蓄えられれば一日中運転が可能なことから、今後、蓄熱技術の進歩と大幅なコスト削減が太陽熱発電の導入拡大の重要なキーになる。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になることからも、再生可能エネルギーの太陽熱発電の国際市場は急拡大中である。日本は太陽熱発電の実績はないが、再生可能エネルギーの技術力がある」と説明している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の白書はこちら

新潟県見附市は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策

 新潟県見附市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、見附市内の全13の小学校及び中学校にクリーンエネルギー太陽光発電システムのパネルを設置し、通電を開始したと発表した。クリーンエネルギー導入などによって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が重要とはいえ、全小中学校にクリーンエネルギーの太陽光発電システムの装置を設置するのは新潟県内では初めてで、全国的にも珍しい環境問題への取組みだという。新潟県見附市によると、クリーンエネルギーの太陽光発電システムの整備に係る総事業費は約2億5,000万円であったが、約9割が国からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の補助金を充当している。新潟県見附市内の全校の太陽光発電システムで最大電力量は1時間当たり約195kwになり、平均で学校の消費電力の14.8%を太陽光発電システムからのクリーンエネルギーの発電で賄えるという。太陽光発電システムの完成による通電式は、新潟県見附市立葛巻小学校であり、5、6年生が出席して行われた。児童たちがカウントダウンを行い、クリーンエネルギーの太陽光発電システムに通電を始めると、モニター画面に学校の発電量が表示されると児童から歓声が上がり、通電から10分後には計9.4kwの発電量になったという。久住時男見附市長は「環境問題にやさしい学校づくりは見附市の地域の中でとても重要。この先進的な取組みが『エコのまち、新潟県見附市』の一翼を担えればと思う」とあいさつした。太陽光発電システムの公開授業も開かれ、児童たちは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対するクリーンエネルギーの太陽光発電システムのメリットなどについて学んだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県見附市は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策はこちら

高岳製作所が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電力網実験

 高岳製作所(東京都中央区入船)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、高岳製作所の小山市工場(栃木県小山市)に建設を進めていた配電ネットワーク実証試験場が完成し、稼働を始めたと発表した。また、高岳製作所では、新たに電圧を断絶する断路器工場の拡張も完了した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を検証する試験場は、1,314平方メートルの敷地に6.6キロボルトの架空配電線と変圧器、配電用自動電圧調整器などを配置しており、クリーンエネルギー自然エネルギーなどの実用化を検証する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与するクリーンエネルギー・自然エネルギーの太陽光発電や風力発電で発電した電力が、系統電圧にどういった影響を与えるかなどの実証研究を行い、次世代送配電網に対応可能なシステムや機器の技術開発に役立てるという。一方、断路器はこれまで、高岳製作所小山市工場にある変電機器工場の一部で生産していたが、専用工場を設けることによって、生産効率は3割以上アップしたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 高岳製作所が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電力網実験はこちら

三重県玉城町は全小中学校に太陽光発電を設置して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三重県玉城町は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、玉城町立の小中学校5校すべてにクリーンエネルギー太陽光発電システムの設備を設置したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギーの太陽光発電システムによる自然エネルギーの発電出力は年間約20万kwhで、一般家庭50世帯の1年分の消費電力を賄えるという。三重県玉城町によると、公立の全小中学校にクリーンエネルギーで自然エネルギーの太陽光発電システムの設備を備えたのは、三重県内で三重県玉城町初めてのことだという。これは、国が進めている地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のクリーンエネルギーで自然エネルギーの「太陽光発電システム設備導入事業」によって、三重県玉城町が国の自然エネルギー補助金を受けて設置したもので、総事業費は1億6,000万円であった。三重県玉城町の玉城中学校には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、縦1メートル、横1.5メートルのクリーンエネルギーの太陽光発電システムのソーラーパネルを屋上に288枚を設置した。小中学校に設置したクリーンエネルギーの太陽光発電システムとしては三重県内最大規模の60kwhを発電可能だという。また、同じく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、田丸及び外城田の両小学校には40kwhのクリーンエネルギーの太陽光発電システムのソーラーパネル192枚、有田及び下外城田の両小学校には30kwhの太陽光発電システムのソーラーパネル144枚が取り付けられた。各校には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のクリーンエネルギーの太陽光発電システムを紹介するモニターを設置し、クリーンエネルギーの発電システムの説明や気温、電力、二酸化炭素(CO2)排出量削減量などの数値を示している。三重県玉城町によると、全小中学校に設置したクリーンエネルギーの太陽光発電システムで年間63トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県玉城町は全小中学校に太陽光発電を設置して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

NPO法人北海道グリーンファンドが太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 NPO法人「北海道グリーンファンド」(北海道札幌市中央区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んできており、市民によるクリーンエネルギーの風力発電所の建設を進めているが、今般、地球温暖化の原因防止対策を一層推進するため、家庭へのクリーンエネルギーの太陽光発電システム装置の普及活動として補助金の支給に乗り出すと発表した。クリーンエネルギーの太陽光発電システムへの補助金は50戸を対象として、1戸当たり10万円を補助するという。北海道グリーンファンドによると、NPO法人による太陽光発電システム装置の補助金制度は全国で初めてという。北海道グリーンファンドは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、市民からの出資を募り、これまで全国各地に12基のクリーンエネルギーの風力発電所を設置してきた。最近は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や省エネルギー対策として、住宅用太陽光発電システム装置が普及し始め、行政も支援していることから、「市民の力でさらにクリーンエネルギーの太陽光発電システムを増やそう」と補助事業を決めたという。太陽光発電システムの補助金の支給対象は、北海道の道央や道南、旭川以北の道北、十勝地方の住民で、(1)太陽光発電システムを新規に設置し、最低10年以上使用する(2)年1回、太陽光発電システムの発電量を測定して連絡する(3)北海道グリーンファンドの調査に協力するなどが条件となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する住宅用の太陽光発電システム装置は、最大出力3~4KWで200万~300万円の設置費用がかかる。国は1kw当たり7万円、北海道の札幌市では5万円の補助金を支給する。他の地方自治体でも太陽光発電システム装置設置への補助金制度があるところが多い。仮に、北海道で札幌市民が3kwの太陽光発電システム装置を設置した場合、国と札幌市北海道グリーンファンドを合わせて46万円の補助金が支給される。北海道グリーンファンドは、札幌市環境プラザ(北海道札幌市中央区北8西3札幌エルプラザ2階)で太陽光発電システム補助金の説明会を開催した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> NPO法人北海道グリーンファンドが太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

兵庫県洲本市は学校の太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 兵庫県洲本市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といった最新の環境問題省エネルギー対策に関心を高めてもらうため、洲本市立小中学校で、クリーンエネルギー太陽光発電システムの整備を進めている。兵庫県洲本市のクリーンエネルギーの太陽光発電システムの整備には、文科省の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「スクールニューディール構想」のエコ改修事業に位置づけられ、事業費は約3億6000万円であるが、国から2分の1の補助金が兵庫県洲本市に入ってくる。洲本市立小学校は由良小学校を除く12校で、洲本市立中学校は中川原中学校を除く5校で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するクリーンエネルギーの太陽光発電システムが整備されている。太陽光発電システムの出力は、19.2kw、18kw、9.6kwの3種類で、一般家庭で消費される電力の3~6倍を発電することができる能力がある。洲本市立洲本第二小学校では、9月7日に全校児童が参加する太陽光発電システムの完成式が行われた。洲本市立洲本第二小学校の校舎屋上にクリーンエネルギーの出力200wの太陽光発電モジュールと呼ばれる太陽光発電発電パネルが48枚並べられており、一般家庭で消費される電力の約3倍をクリーンエネルギーとして発電し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をその分削減することができる。同校の2階ピロティ部分には、42インチのカラーモニターを設置しており、太陽光発電システムの1日の発電量及び1か月の発電量、削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などが一目で分かる仕組みとなっている。児童は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、日常生活の中で電気を節約するなど省エネルギーを心がけたい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県洲本市は学校の太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

京セラが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因防止対策を推進

 京セラ(京都府京都市伏見区)は、地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境活動を推進するため、年度内に国内の京セラ全工場にクリーンエネルギー太陽光発電システムを導入すると発表した。京セラは、現在、国内生産拠点の4工場にクリーンエネルギーの太陽光発電システムを導入しているが、年度内に残る6工場に京セラ製の太陽光発電システムを導入し、クリーンエネルギーを積極的に活用して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するという。京セラが今年度にクリーンエネルギーの太陽光発電システムの導入を計画しているのは、北海道北見工場(北海道北見市豊地)、福島棚倉工場(福島県東白川郡棚倉町)、長野岡谷工場(長野県岡谷市長地小萩)、滋賀蒲生工場(滋賀県東近江市川合町)、滋賀野洲工場(滋賀県野洲市市三宅)、鹿児島川内工場(鹿児島県薩摩川内市高城町)の6工場となっている。クリーンエネルギーの太陽光発電システム導入によって得られる年間発電量は、一般家庭の年間電力消費量換算で125世帯分となる59万1000kWhを見込んでおり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の年間予測削減量は234tとなっている。京セラは太陽電池メーカーとしてクリーンエネルギーの太陽電池の普及に貢献していくとともに、グループ各拠点にも太陽光発電システムの導入や増強を進め、事業活動での地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減対策を始めとする環境負荷低減を推進していく考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京セラが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因防止対策を推進はこちら

日揮が太陽熱発電で二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策

 日揮(神奈川県横浜市西区みなとみらい)は、スペインのアベンゴア・ソーラー会社と共同で、スペインで地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる太陽熱発電事業を実施すると発表した。日本企業が海外で商業用太陽熱発電事業を展開するのは初めてのことだという。合弁会社を設立して、スペイン南部にあるコルドバ地区に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる50MWの太陽熱発電所2基で合計発電能力100MW級を新設するという。このメガ太陽熱発電所で発電した電力はスペイン国内向けに売却する。スペインの合弁会社の出資比率は、日揮が26%、アベンゴアが74%で、2012年から操業する予定をしている。電力の買取りでは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と再生可能エネルギー促進を目的としてスペインが実施している電力優遇買取価格制度を利用し、総事業費は約5億ユーロを見込んでいるという。太陽熱発電所では約5万2000世帯分の一般家庭用電力を生み出し、年間6万3000tの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献することになるという。太陽熱発電は太陽光エネルギーを鏡で集光し、オイルなどの熱媒体を集熱設備で加熱して蒸気を発生させ、蒸気タービンを駆動して発電する仕組みになっている。太陽熱発電は、石油などの化石燃料をほとんど使用しないため、クリーンエネルギーと位置付けられ、世界的にも地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できると注目されている技術である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日揮が太陽熱発電で二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策はこちら

鳥取県はグリーン・ニューディールで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 鳥取県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「鳥取県グリーン・ニューディール」の方針を掲げている。これは、鳥取県が環境を大きなキーワードとして、鳥取県内で培ってきた技術や企業誘致などにより、鳥取県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を実現させるというものである。具体的な取組みとしては、鳥取県内における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電や太陽光発電システムなどの自然エネルギーの活用とスマートグリッドの実現などを目指している。このような状況の中、「ガイナーレ・ソーラープロジェクト」を先導するナノオプトニクス・エナジー(京都府京都市左京区)の代表取締役社長の藤原洋氏は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について、鳥取県は大きな目標を立てている。ナノオプトニクス・エナジーは、民間企業としてその地球温暖化の原因防止のための具体策を提示していく」と鳥取県を初めとした地元地方自治体との連携を強調している。藤原氏は、鳥取県について、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の大規模風力発電所のメッカであり、太陽光発電システムが最も普及しやすい場所だと考えている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のガイナーレ・ソーラープロジェクトでは、電力供給最適化のスマートグリッドも組み合わせ、鳥取県を最先端のクリーンエネルギー地域にしたい」と話している。ガイナーレ・ソーラープロジェクトが展開される鳥取県は、人口が約59万人で、世帯数は21万であり、そのうち、16万世帯が一戸建てだが、この16万世帯がターゲットになるという。鳥取県の家庭用太陽光発電システム設備の設置状況は、1990件で合計7807kWになるが、都道府県別では43位と低位に位置している。こうしたことから、鳥取県も家庭用太陽光発電システム設備の設置の余力はかなりあるといえる。しかし、太陽光発電設備は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与するとはいえ、初期投資が大きいという大きなハードルがある。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム設備に対して、国や地方自治体の補助金が支給されるとはいえ、一戸建てでは200万円程度、地方自治体や企業の施設設備では数千万円の初期投資が必要になる。そこで、鳥取県の地元を中心とした金融機関と共同で売電収入を返済に充てることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム設備の初期費用が借りられる「ソーラーシステムローン」も展開する。鳥取県では、10年間で2万世帯相当に家庭用太陽光発電ソーラー設備を設置することを目標にしているが、ガイナーレ・ソーラープロジェクトで10年で10万世帯に設置できると予測も示した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のガイナーレ・ソーラーの収益の一部を、鳥取県を本拠地とするサッカークラブ「ガイナーレ鳥取」にブランド使用料として支払うという。このまま行けば来シーズンはJリーグに昇格できる位置にいる。「ガイナーレ鳥取は鳥取県の夢。しかし、財源は潤沢ではないので、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のガイナーレ・ソーラープロジェクトで資金を集めたい。最終的には、J1に上がれるくらいの支援をしたい」と話している。ナノオプトニクス・エナジーは、鳥取県米子市の旧JTの工場で電気自動車(EV)の製造を始めることも発表している。「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の関連事業として、事業規模は電気自動車(EV)が一番大きく、太陽光発電の10倍の規模になるのではないか。しかし、電気自動車(EV)は立ち上げに時間がかかるので、まずは太陽光発電システム設備から手がける」とする。ガイナーレ・ソーラーの製造は、旧JT米子工場を使い、9月中旬から製造を開始し、ガイナーレ・ソーラーの第一号設置は11月ごろになる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 鳥取県はグリーン・ニューディールで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

福井県、富山県及び石川県は燃料電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 福井県富山県及び石川県の北陸3県の産官学でつくる「北陸グリーンエネルギー研究会」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる燃料電池の研究成果のデモンストレーションを福井県のJR福井駅西口広場で行った。家庭用ごみから回収したアルミニウムから発電する装置を試作し、それを稼動させて恐竜レプリカと福井県立恐竜博物館の入り口の看板をライトアップした。家庭用ごみのスナック菓子の袋、ジュースやお茶などの紙パックのコーティングには、アルミニウムが使用されている場合が多く、福井県下では、一般家庭から排出される燃えるごみの2割ほどがアルミニウムを含むごみとなっている。同研究会では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する研究として、アルミニウムを含むごみを熱分解して純度の高いアルミニウムを精製し、それを水酸化ナトリウムと反応させて水素をつくり、燃料電池の燃料にする装置を開発した。家庭ゴミからアルミニウムを取り出す技術は、世界で初めてのことだという。この水素を使用する燃料電池は、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないため、水素は究極のクリーンエネルギー源として期待されている。温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない水素による発電は夕方から始まり、燃料電池を組み込んだ装置で7個のLEDライトを点灯させるとともに、福井県立恐竜博物館の恐竜の声のテープを再生した。100wの出力で5時間の発電に約300gのアルミニウムが必要になるという。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる燃料電池のデモンストレーションは、来月、富山県及び石川県でも実施される予定である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福井県、富山県及び石川県は燃料電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

京セラはクリーンエネルギーの太陽電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京セラ(京都府京都市伏見区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献する太陽光発電に係る国内販売子会社の京セラソーラーコーポレーションが、北海道電力(北海道札幌市中央区)の地球温暖化の原因対策の「伊達ソーラー発電所」(北海道伊達市)に多結晶シリコン太陽電池モジュール1MW分を供給し、同発電所は2011年6月に完成する予定だという。地球温暖化の原因対策の伊達ソーラー発電所の太陽光発電システム稼動時の年間発電電力量は、一般家庭約300軒分の電気使用量に相当する約100万kWhを想定しており、クリーンエネルギーを利用することで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を年間約500トン削減できるという。京セラは、今回の北海道電力のほか、東京電力(東京都千代田区内幸町)の13MW、九州電力(福岡県福岡市中央区)の3MW、四国電力(香川県高松市丸の内)の1.7MWの地球温暖化の原因対策のメガソーラー発電所に対しても太陽電池モジュールを供給する。京セラでは、高性能な多結晶シリコン太陽電池モジュールを安定供給することで、太陽光発電システムの需要の増加に対応することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に積極的に貢献していく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京セラはクリーンエネルギーの太陽電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

三菱重工がブルガリアで得た地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出権を日本に移転

 三菱重工業は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のために、ブルガリアで展開しているクリーンエネルギー風力発電事業で得た地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出権を日本に移転すると発表した。クリーンエネルギーの風力発電所が既存の電力を代替することで実現した地球温暖化の原因対策の温暖化ガス削減分をクレジットとして取得・売却したもので、二酸化炭素(CO2)排出権は2009年12月分までの削減CO2約12万t分となる計算だ。この風力発電事業は、三菱重工がブルガリアの建設会社であるイノスと共同で出資したカリアクラ・ウィンドパワー社(KWP)を通じて行っているもので、日本・ブルガリア両国の地球温暖化の原因対策の地球温暖化ガス削減共同実施案件となっているものである。設置場所である黒海沿岸のカリアクラ岬にあるウインドファームは、定格出力1000kW風力発電設設備35基で構成されており、総発電容量3万5000kWにものぼり、これらの発電された電力はすべてブルガリアの国営電力会社に有償販売しているという。KWPが運営する風力発電事業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は年間7万~8万t規模であるが、京都議定書の第一約束期間である2012年度まで、二酸化炭素(CO2)排出量の累計35万トンを上限にして日本カーボンファイナンスが二酸化炭素(CO2)排出量の排出権を購入する契約を結んでおり、。これを超える部分の二酸化炭素(CO2)排出権は三菱重工が購入するというものである。

> 三菱重工がブルガリアで得た地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出権を日本に移転はこちら

ノヴァエネルギー社が地球温暖化の原因対策の潮流発電の実験延期(兵庫県淡路市)

 地球温暖化の原因対策として大いに期待されている潮の流れを利用した「潮流発電」の実験が兵庫県淡路市の岩屋沖で始まる予定だったが、潮流発電装置の不具合で延期するというトラブルに見舞われたという。潮流発電の実用化を目指しているベンチャー企業「ノヴァエネルギー」(兵庫県三木市加佐)の鈴木社長は「悔しいが失敗の繰り返しでよくなっていくもの」と話し、数日中の再チャレンジを予定している。これは、地球温暖化の原因対策に寄与する技術として、海中で潮流を受け2基のタービンが回転する力を利用し発電する装置を備えた船を、事前に係留していた淡路市育波の育波漁港から岩屋沖に曳航しようとしたところ、1基の潮流発電装置のタービンが回転しなかったという。原因は、発電機とタービンの接合部分の不具合であり、ロープでタービンを引っ張るなど2時間かけたが直らないため実験延期を決めたという。地球温暖化の原因対策の潮流発電のタービンは長さ6メートル、直径3メートルで3枚のプロペラを備えており、1基につき10KWの発電が可能であり、岩屋沖約50メートルの地点に係留させて、6か月にわたって潮流発電を試みる予定だった。同社は、海運会社で船長を務めていた鈴木さんが2007年に設立したものである。潮流発電は天候に左右されない新しい地球温暖化の原因対策のクリーンエネルギーとして注目されており、環境省の地球温暖化対策技術開発の事業にも選ばれている。鈴木社長は「今回の不具合の原因は分かっているので、地球温暖化の原因対策に寄与することからも進めていく」とコメントしている。

> ノヴァエネルギー社が地球温暖化の原因対策の潮流発電の実験延期(兵庫県淡路市)はこちら

滋賀県で地球温暖化の原因防止に寄与する下水汚泥処理

 滋賀県は、大津市にある滋賀県湖西浄化センターの下水汚泥処理の溶融炉建設計画に関して、汚泥からバイオマス(生物資源)燃料を作る燃料化方式を導入する地球温暖化の原因防止に寄与する方針を決めたと発表した。処理時に排出する地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量も現行方式より少なくなり、クリーンエネルギー生産との両面で地球温暖化の原因防止を目指すという。地球温暖化の原因防止に寄与する下水汚泥処理施設は、2015年度稼働を予定している。現行の焼却溶融方式は、下水から水を分離してできた汚泥を高温で焼き、コンクリート材に再利用しているが、新たに導入する燃料化方式では、汚泥を低温で燃やして乾燥させるなどして燃料にする。この地球温暖化の原因防止に寄与する燃料化方式で作ったバイオマス燃料は、石炭の代替として発電所やセメント工場で利用するといい、燃料化の処理は、加熱で発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量も焼却溶融方式より格段に少なくなるという。化石燃料の代わりにバイオマス燃料を使うと地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量をゼロと見なせるため、滋賀県の試算では全体で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を現行より1万4千~9千トン削減できる試算になるという。こうした地球温暖化の原因防止に寄与する燃料化方式は、ここ数年で技術開発が急速に進み、東京都、宮城県、山形市で導入されている。新しい溶融炉は一日あたり下水80トンの処理能力を持つ計画となっており、大津市と共同で建設し、滋賀県としては、今後2年かけて燃料化処理の具体的な手法の選定などを進める。滋賀県下水道課は「地球温暖化の原因防止に寄与する効果が確認できれば、今後更新を迎える施設でも燃料化方式が有力な選択肢となる」とコメントしている。

> 滋賀県で地球温暖化の原因防止に寄与する下水汚泥処理はこちら

九州電力が福岡県大牟田市で地球温暖化の原因対策の太陽光発電施設着工

 地球温暖化の原因防止対策としてクリーンエネルギーに期待がかかっているが、九州最大となる九州電力の太陽光発電施設「メガソーラー大牟田太陽光発電所」が福岡県大牟田市新港町の九電港発電所跡地で着工した。九州電力の太陽光発電所建設は初めてのことであり、関係者ら約40人が参加し安全祈願祭を行った。地球温暖化の原因防止対策となる太陽光発電所は、ヤフードームとほぼ同じ面積の敷地約8万平方メートルに、太陽光発電パネル1万4000枚を設置するものとなっている。太陽光発電の発電出力は3000キロワットで、年間発電量は約320万キロワットにのぼるという。これは、一般家庭2200世帯が昼間利用する電力量に相当し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2(二酸化炭素)排出量では約1200トンの抑制効果があるという。メガソーラー大牟田太陽光発電所の総事業費は約20億円を見込んでいる。九州電力では、地球温暖化の原因問題への対応や国産エネルギー活用の観点から、新エネルギーによる発電の導入を進めており、2017年度に太陽光発電による発電量を100万キロワットに拡大することを目指している。メガソーラー大牟田太陽光発電所安全祈願祭に出席した瓜生九州電力常務は「地球温暖化の原因防止対策として再生可能なエネルギーの活用に力を入れており、それを推進していく起爆剤と考えている。地域に親しまれる地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電所にしたい」と話していた。
 古賀福岡県大牟田市長は「地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電所が新エネルギーを推進する施設として、高い評価が得られるよう、福岡県大牟田市としても力を入れていく。一日も早い完成を期待している」と述べていた。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 九州電力が福岡県大牟田市で地球温暖化の原因対策の太陽光発電施設着工はこちら

京都市長が地球温暖化の原因防止対策を発表

 日本からは京都府の京都市をはじめとする世界79都市の自治体のトップがデンマークに集まり、地球温暖化の原因防止対策に向けて連携を進める「コペンハーゲン市長気候サミット」が15日に始まり、国の枠組みを超えて先進的な地球温暖化の原因防止対策の取り組みで協力するために意見を交わした。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減を目的に世界40か国の首都を中心につくるグループ「C40」などとデンマークのコペンハーゲン市が主催し、市役所の会議室で開催した。初日は地球温暖化の原因防止対策に係る円卓会議があり、クリーンエネルギーやごみ行政、建物のエネルギー効率といったテーマごとに5人前後の市長がテーブルを囲んで発表し、その後話し合った。日本からは京都府の京都市の門川大作市長が地球温暖化の原因防止対策として低炭素の交通システムがテーマの会議で発表した。京都市における家庭での使用済みの食用油でつくるバイオ燃料をごみ収集車などに使っている事例を紹介し、「地球温暖化の原因防止対策のためには京都市民の関与は非常に重要」と強調した。隣席に座っていたフランス・ナント市のジャンマルク市長も「地球温暖化の原因防止対策を解決するためには、市民を引き込むことが大事だ」と指摘した。このほかに、ロンドンや香港、ヨハネスブルクなどの市長も出席し、地球温暖化の原因防止対策の一環として、都心への自動車流入を減らすための課税や温室効果ガスを排出しない電気自動車の導入などをめぐって熱心に議論をした。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 京都市長が地球温暖化の原因防止対策を発表はこちら

地球温暖化の原因による途上国の気候変動対策に資金協力

 日本政府は、ミクロネシアの地球温暖化の原因防止対策として実施される「太陽光発電を活用したクリーンエネルギー導入計画」に対して、5億3,000万円の償資金協力を実施する方針を決めた。この地球温暖化の原因防止対策の計画は、大洋州地域における地球温暖化の原因による気候変動対策支援の一環として、太陽光発電関連機材を供与し、ミクロネシアにおけるディーゼル発電の一部を自然再生可能エネルギーに代替することにより、地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素の削減を図るものである。日本政府は、これまで一貫してミクロネシアを含む太平洋島嶼国の良きパートナーとして同地域に対する支援を行っており、今回の協力は本年5月に開催された第5回太平洋・島サミットで表明した日本の支援策の一環として実施するものとなっている。
 一方、国土交通省は、バングラデシュのダッカにおいて、同国における地球温暖化の原因による気候変動に起因する水災害対策を推進するための日・バングラデシュ気候変動ワークショップを開催すると発表した。バングラデシュでは、地球温暖化の原因による気候変動に起因する水災害が多く発生しており、これによる被害が国民の安全な暮らしを脅かすとともに、同国経済発展の阻害要因の1つとなっているという。このため、同省では、両国における水災害への影響としての地球温暖化の原因による気候変動問題への取り組みや、日本から地球温暖化の原因防止対策として提供可能な技術・ノウハウについて意見交換を行い、バングラデシュの防災能力の向上を図るとともに、両国の一層の協力関係を推進していきたいとしている。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因による途上国の気候変動対策に資金協力はこちら

和歌山県田辺市が地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電を設置

 和歌山県田辺市は、和歌山県田辺市内の小中学校5校に地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電設備を設置する。これは、地球温暖化の原因防止となる温室効果ガス二酸化炭素排出の抑制や電気代の節減を図るとともに、クリーンエネルギー教育の教材として活用する。和歌山県田辺市が学校に導入するのは初めてで、真砂充敏和歌山県田辺市長は「子どもたちにとって地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題を考える教材になれば」と話している。和歌山県田辺市は26日開会の12月市議会に、教育施設整備事業費8185万円を提案する。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電を設置するのは旧和歌山県田辺市町村単位に1校ずつで稲成小、栗栖川小、龍神中、大塔中、本宮中の5校となっている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電設備は、縦15メートルと横4・5メートルの太陽光パネル、発電モニター、架台設置、コンクリート基礎を整備する。1校当たりの太陽光発電の発電能力は10キロワットで、電気代に換算すると年間約18万円になる。これは、五つか六つの教室の年間電気代に相当するという。地球温暖化の原因防止となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減量は年間約5・5トンになるという。太陽光発電事業費のうち、1キロワット(整備費120万円)単位で国からの太陽光発電補助金と太陽光発電交付金があり、実質的に和歌山県田辺市が負担するのは5%になる。和歌山県田辺市の施設で現在、太陽光発電設備を導入しているのは和歌山県田辺市市民総合センター(和歌山県田辺市湊)のみとなっている。この太陽光発電は20キロワットの設備で、1995年から電気代の節減につなげているという。◆太陽光発電ソーラーシステム情報

> 和歌山県田辺市が地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電を設置はこちら

太陽光発電ソーラーシステム設置工事の研修事業

 経済産業省資源エネルギー庁は、地球温暖化原因対策に寄与するクリーンエネルギーのエコ省エネ事業となる「太陽光発電システム設置工事に関する研修事業」を有限責任中間法人太陽光発電協会(JPEA)を通じて実施すると発表した。クリーンエネルギーである太陽光発電システム設置工事に関する研修事業は、太陽光発電システムの設置工事等に携わる人材の確保を容易にすることで、太陽光発電産業の発展に貢献するとともに、人材需要の増加に応えていくことで、クリーンエネルギー関連の雇用の拡大を図ることを目的として実施されるものである。太陽光発電システム設置工事に関する研修内容は、太陽光発電システムの設置工事等を行おうとする者を対象に、クリーンエネルギーである太陽光発電システムに関する基礎知識、設置工事に関する基礎知識について講習を行う。太陽光発電システム設置工事に関する講習会の予定は、各都道府県及び地域毎の拠点都市を対象に、年間60回程度の開催を予定している。本件に関する問い合わせ先は次のとおりとなっている。有限責任中間法人太陽光発電協会 〒105-0004 東京都港区新橋4-29-6 寺田ビル8 階TEL:03-3459-6351 FAX:03-3459-6595URL:http://www.jpea.gr.jp


詳しくは太陽光発電ソーラーシステム情報

> 太陽光発電ソーラーシステム設置工事の研修事業はこちら

グレンイーグルズサミットの成果を受けた第4回「気候変動」対話

 2008年3月14~16日、千葉市で「気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する第4回閣僚級対話」が開催された。
 この会議は、05年の英国・グレンイーグルズでのG8サミットの合意文書「気候変動、クリーン・エネルギー、持続可能な開発」を踏まえた対話をG8各国と主要新興経済国(G20)が実施するために、05年11月に開始、2007年9月にドイツ・ベルリンで3回目の会議が開催されている。
 今回の第3回会合は、日本政府の主催のもと、主要エネルギー需要国約20か国のエネルギー・環境担当大臣、世界銀行、国際エネルギー機関(IEA)、GLOBE国際議員連盟、持続間可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)の幹部らが出席。
 (1)技術、(2)資金及び投資、(3)2013年以降枠組み--の3つの議題について議論された。
 (1)に関しては、省エネの重要性の確認、革新的技術開発に関する国際的イニシアティブの情報交換、APP等のセクター別アプローチに関する経験の提供、等について議論が行われた。
 (2)に関しては、世銀や地域開発銀行の作業を評価するとともに、これらの取組の拡大が奨励されたほか、民間投資の拡大と政府の役割の重要性が確認された。
 (3)に関しては、長期目標を共有することの重要性が議論されるとともに、中期目標については「共通だが差異のある責任と各々の能力」の原則を議論の前提とすることを再確認するとともに、先進国は、率先して排出削減に取り組むことが指摘された。また、途上国は先進国の支援を受けながら、検証可能な削減行動を実施することの認識がなされた。
 なお、今回の対話の結果については、G8北海道洞爺湖サミットに対して報告される予定

> グレンイーグルズサミットの成果を受けた第4回「気候変動」対話はこちら

環境大臣と地球温暖化対策を考える集い

 環境省は、国民一人ひとりが地球温暖化について考え、ライフスタイルを環境にやさしいものに変えていくため、「環境大臣と地球温暖化対策を考える集い」を、G20対話(※)の開催地である千葉市の幕張メッセにおいて平成20年2月16に開催する。
 この集いは、主に小学校高学年の児童とその保護者の方を対象として、鴨下環境大臣が地球温暖化について直接意見交換を行うもの。また、ゲストとして堂本千葉県知事が来場する予定。
 環境省では、市民、企業、自治体等との連携のもと政策を進めるために、政策を直接国民に説明し、対話を行う機会を設けるよう努めています。
 参加希望者は、E-mail(eco@yhp.co.jp)又はFAX(045-231-8887)に氏名、学年、E-mail / 郵便番号・住所 / 電話・FAX番号 / 同行者氏名(ふりがな) / 同行者の続柄または学年 / 人数 / 地球温暖化対策に関する質問・提案を記載して「環境大臣と地球温暖化対策を考える集い」運営事務局 横浜ハイテクプリンティング(株)まで申し込むことが必要(申込み〆切:平成20年2月14日 17時)。

(※)正式名称を「気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する対話」と言い、世界の温室効果ガス主要排出国20カ国の環境担当大臣及びエネルギー担当大臣をはじめ、世界銀行、国際エネルギー機関(IEA)等の国際機関の代表、産業界、NGOの代表等が参加し、気候変動(地球温暖化)問題に関する議論を行う予定。

> 環境大臣と地球温暖化対策を考える集いはこちら