TOPページ > 検索結果

検索結果 【カーボンニュートラル】

東京都中央区の東レはPLAABS樹脂EC75で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東レ(東京都中央区日本橋室町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ABS樹脂の環境配慮型グレードの新たな製品エコトヨラック『EC75』を12月から発売すると発表した。ABS樹脂は自動車の内外装部品や家電製品などに幅広く使用されているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、今回開発したEC75は、ABS樹脂に植物由来でカーボンニュートラルのポリ乳酸(PLA)を配合しているという。PLAは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減や、化石資源の消費量の削減に貢献できる素材とされている。しかし、これまで、その特性として、従来の石油系プラスチックと比較すると、耐衝撃性や耐熱性及び成形加工性などが劣っているほか、分解しやすいことから、樹脂成形用材料としては使い物にならなかった。今般、東レは独自のポリマーアロイ技術及びコンパウンド技術を開発することによって、樹脂コンパウンド段階でのPLA配合量の最適化を実現することができたという。ABS樹脂に対する相溶化技術とPLAの分解抑制技術を確立されたことによって、汎用ABS樹脂と同等の物性バランス及び成形加工性の性質を有し、これまで使用してきた金型を使用できる。EC75は汎用ABS樹脂との比較で化石資源の消費量を約3%削減でき、コンパウンドの樹脂製造から製品の焼却までのライフサイクルアセスメントでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約4%削減できると試算している。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるだけでなく、耐光性及び湿熱老化も汎用ABS樹脂と同じ程度の性能であり、既に汎用ABS樹脂が適用されている自動車内装材などの用途にも適用できる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都中央区の東レはPLAABS樹脂EC75で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策のバイオディーゼル燃料(BDF)で対立

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策気候変動対策で推奨されるバイオディーゼル燃料(BDF)について協議した。先進国が有効性を主張したのに対し、アフリカ諸国は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいえ、森林がバイオディーゼル燃料(BDF)の燃料用農地に転換され生態系破壊につながる」として反対を表明した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と生物多様性という大きなテーマの狭間で、バイオディーゼル燃料(BDF)が矛盾を抱えている状況が鮮明になった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、広く実用化されているバイオディーゼル燃料(BDF)のエタノールは、サトウキビやアブラヤシなどを発酵させて精製する。材料となる植物は大気中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収して育つため、燃やして二酸化炭素(CO2)が排出されても環境的には「カーボンニュートラルの中立」として排出量に計算されない。バイオディーゼル燃料(BDF)のエタノールに関しては、現在、ブラジル及びインドが原料の主要生産国となっている。アメリカオバマ政権は、グリーン・ニューディール政策の中で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、バイオディーゼル燃料(BDF)を再生可能エネルギーの目玉として推進してきている。日本においても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自動車メーカーにバイオディーゼル燃料(BDF)対応車の比率を高めるよう要請している状況にある。しかし、アフリカなどでは、トウモロコシ農場がバイオディーゼル燃料(BDF)用のサトウキビ畑に転換することで、人間や家畜の食糧不足が発生しているのも事実である。協議ではキューバが「バイオディーゼル燃料(BDF)は食料価格の高騰を招く」と、バイオディーゼル燃料(BDF)の拡大利用を見直すよう求めた。これに対し、バイオディーゼル燃料(BDF)大国のブラジルは「バイオディーゼル燃料(BDF)はクリーンなエネルギーであり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえに、途上国の農村部の発展にもつながる」とバイオディーゼル燃料(BDF)のメリットを強調した。日本も「生物多様性条約事務局が示した案は、バイオディーゼル燃料(BDF)の悪い面が強調されている」と主張し、議論は進みそうにない。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策のバイオディーゼル燃料(BDF)で対立はこちら

北陸電力が木質バイオマス混焼発電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 北陸電力(富山県富山市)は、北陸地方の2県(富山県、石川県)と福井県敦賀市以北及び岐阜県飛騨市の一部(旧神岡町の全域、宮川村の一部地域)と郡上市白鳥町石徹白を独占的に事業地域とする電力会社である。この度、北陸電力は、七尾大田火力発電所(石川県七尾市)の2号機(発電出力70万キロワット)で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、発電燃料として使用する石炭の一部を木質バイオマスで代替する地球温暖化の原因防止対策の木質バイオマス混焼発電を開始したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、混焼発電に使用する木質バイオマスは年間約2万トンになるという。地球温暖化の原因防止対策の木質バイオマス単体の発電量は、年間約1700万kwhで、これによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は推定で年間約1万4000トンにのぼる。発電に使用する木質バイオマスには、製材過程などから発生する樹皮や木屑など従来廃棄処分していたものを使用するという。木質バイオマスは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するとみなされないカーボンニュートラルであることから、石炭火力発電の燃料の一部に木質バイオマスを使用することで二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる。このため電力各社は地球温暖化の原因防止対策の木質バイオマスの導入に積極的であり、北陸電力でも既に敦賀火力発電所2号機で地球温暖化の原因防止対策の木質バイオマス混焼発電を実施している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 北陸電力が木質バイオマス混焼発電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

住友商事マシネックスがカーボンオフセットフィルターで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 住友商事マシネックス(東京都中央区晴海)は、自社が販売するオフィス向け空調フィルターについて、フィルターの洗浄・再利用と地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のカーボンオフセットの組み合わせで二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない空調フィルターサービスの展開を開始したと発表した。オフィス用空調フィルターは、家庭用エアコンのフィルターと違って水洗いができないため、年に1回程度の交換が必要であるが、その都度、産業廃棄物として処分されていた。住友商事マシネックスは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に注目し、住友商事建設不動産本部と共同で2001年からフィルターの再利用サービスを開始してきた。使用済みフィルターを超音波洗浄によって新品同様に再生させることができるため、産業廃棄物の削減による環境への配慮及びビルメンテナンスコストの削減、さらには、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を実現した。このフィルターを再利用することにより、オフィス用空調フィルターから排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、標準的なフィルターを廃棄・交換する場合と比較して96%削減されることになるという。今回、さらに環境問題への配慮を高めるため、残り4%分の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出分については、温室効果ガスの排出権を付与(カーボンオフセット)することによって、業界初のカーボンニュートラル空調フィルターを実現したという。カーボンオフセットに利用する排出権は、住友商事(東京都中央区晴海)が支援するインド・グシャラート州での地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減プロジェクトによって創出され、国連認証を経たものを住友商事から購入することによって実現したという。

> 住友商事マシネックスがカーボンオフセットフィルターで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

地球温暖化・環境問題:家庭用生ごみ処理機は地球環境にいいのか

 最近、各自治体でも生ゴミ処理機への補助を行うところが多くなってきており、60数パーセントの市町村が購入補助を行っているようです。これは、「自治体の焼却炉で燃やすごみの量量を少しでも減らし、埋め立てなどの最終処分場を少しでも延命しよう。」という趣旨のようです。

 元々生ごみは、生物由来のため、市町村の焼却炉で燃やしたとしても、CO2の発生はゼロです。これは、「カーボンニュートラル」といって、化石資源以外の生物資源を燃焼することによって放出されるCO2は、植物の成長過程で光合成により大気中から吸収したCO2ですので、私たちのライフサイクルの中では大気中のCO2を増加させません。

【電気式生ごみ処理機】

電気式 家庭において電気式生ごみ処理機で処理をすると、当然、電気を使用することから、電力使用によるCO2を発生させることになります。

 2004年5月の環境省の『事業者からの温室効果ガス排出量算定方法ガイドライン』のうち「一般電気事業者に関する排出係数」では、0.378kg-CO2/kWh(平均値)のCO2を発生させるとしています。

 また、この電気式生ごみ処理機と現在のごみ処理「パッカー車で収集運搬を行い、焼却する方法」をLCAの手法で比較したところ、CO2の発生量は電気式で処理する方が多いことが、中村慎一郎教授(早稲田大学経済学部)や京都大学環境保全センターの計算で証明されています。 つまり、自宅で電気式の機械で処理するよりも、市町村の焼却炉で焼却した方が環境に良いということです。

 唯一、安井至教授(東京大学生産技術研究所)が1kgの生ごみを処理するのに1.5kwh/kg以下の電力使用ものは現在のごみ処理よりCO2の発生が低いと計算しており、これを根拠にして「全国地球温暖化防止活動推進センター」の事務局でもある「(財)日本環境協会」では、エコマーク商品として「家庭用」生ゴミ処理機の一部を認定していますが、これは明らかに間違いです。
日本環境協会エコマーク認定基準のNO125生ごみ処理機
 教授の計算では毎日パッカー車でごみ収集に来る「業務用」での比較計算であって、週に2,3回収集だけの「家庭用」との比較はされていないからです。
http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/CompostLCA.htm
 この点を(財)日本環境協会に問い合わせましたが、間違いを認めようとはせず、きっちりとした計算根拠を示さないあいまいな返事しか頂いておりません。

 また、教授のHPの中には、「生ゴミを一度出す機会を失うと、1週間保存していなければならない。」、「水びしゃびしゃのゴミよりも、運搬するのも楽だし、また焼却をするにしても、エネルギー的節約になる。」といった記載が見られますが、現実を知らないままの机上の理論としか言いようがありません。週1回だけの収集のところや生ごみ焼却のためにエネルギーを付加している市町村などないからです。

 現在の焼却炉は、ダイオキシン対策が取られた結果、800℃以上の燃焼温度で連続稼動しており、生ごみが投入されたからといって助燃材(エネルギーの付加)を行う必要はありません。また、現在、プラスチックを焼却しているところでは、低エネルギー対策ではなく、むしろ高エネルギー対策が必要であり、これは、環境省が今後、「プラスチックは燃えるごみ」とする方針で市町村を指導することから、増加する傾向にあります。

 冷蔵庫や洗濯機など、今となっては日常生活に欠かすことができなくなってしまったものは別としても、週2,3回ごみ収集が行われている状況で、なぜ、市町村が貴重な税金を使ってまでCO2を排出する機器に補助金を出す必要があるのでしょうか?

 「ごみを減らし、最終処分場を延命するため」でしょうか?それと、地球温暖化の影響とどちらが大きな問題なのでしょうか。そもそも、ごみの減量は、このようなまやかしの手法を取るのではなく、ドイツ並みの生産者責任の拡大や、リデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再利用)などの取組によって達成されるべきです。

【EM菌方式】

 EM菌とは、一つの菌の名称ではなく、生ゴミなどを分解する種々の菌を培養したものです。メーカーによっても、その内容は異なります。

 空気中の中には、無数とも言える菌が自然に生きていますので、少なくとも家庭で生ごみを堆肥化するための必需品ではありません。また、EM菌を使って一旦嫌気性発酵を行ってから、好気性発酵に移る生ごみの堆肥化の方法もありますが、お金と時間を無駄に使っています。好気性発酵だけで十分に堆肥化は可能です。

【コンポスト】

コンポスト ホームセンターなどで数千円で販売されているバケツをひっくり返したような容器がコンポストです。

 電気も使わず、製造過程や流通過程でのCO2排出量も低いものだと思えますので、お勧め度を100%にしたかったのですが、何分管理が難し過ぎます。

 これは、庭に少し埋め込み、そこに生ごみや土を入れていき、空気を好む好気性の微生物の働き
によって生ゴミを分解し、堆肥化するものです。しかし、容器の構造自体から通気性を確保するのが難しく、水分過多にならないように頻繁にかき混ぜる必要があります。

 これを少しでも怠ると、水分過多になり、空気を好まない嫌気性の微生物が繁殖し、CO2の21倍の温暖化ガスであるメタンガスが発生したり、悪臭の元である硫化水素が発生します。さらに、この臭いに引き付けられるように、ハエやアメリカミズアブなどが卵を産み付け、すぐに容器内はウジで溢れ返ります。また、嫌気性発酵となると好気性発酵に比べ、分解速度が極端に落ちるため、いつまでも生ごみの姿のまま残り、なかなか堆肥化へと向かいません。

 ポイントは、しっかりと投入する生ごみの水切りをし、嫌気性とならないように毎日撹拌するなど、管理を行うことです。

【土のう袋式】

土のう袋 ホームセンターなどで10枚数百円で売っている土のう袋を利用した堆肥化の方法です。これは、経費が余りかからず、庭のない方がベランダなどでもでき、手間もかからない方法なのでお勧めとしました。

 方法は、土のう袋の中に落ち葉(針葉樹やイチョウなど分解の遅いものはダメです。)を8分目ほど入れ、そこに水をかけてかき混ぜます。もし、米ぬかが無料か安価で手に入るようでしたら、生ごみの分解が早くなりますので、一緒に中に入れてかき混ぜてください(なくてもかまいません)。これだけで、下準備は完了です。

 後は、この落ち葉の中に生ごみを入れていくだけです。生ごみを入れた時に落ち葉と混ざるように一度かき混ぜるか、入れた後に袋の口を閉じて、外から数回混ざるように揉んでください。そして、レンガを2つ置くなど直接地面やベランダの床に触れないようにして、土のう袋を置いてください。

 これだけで、冬場以外なら4~7日程度で、生ごみは跡形もなく消えています。そして、3か月程度で落ち葉の形がなくなりますので、堆肥として完成です。4人家族でしたら、袋を2つぐらい用意しておいて、4日間入れたら、次の袋に入れていくとよいと思います。

 これは、コンポストの時と同じく好気性の微生物による発酵ですが、土のう袋が通気性に優れているため、ほとんど嫌気性にはなりません。また、例外的にウジなどの虫がわくことがありますが、これは、虫が生ごみを食べてそのフンが堆肥になるため、放っておいてもいいのですが、どうしても気になる方は、虫が卵を産み付けないように土のう袋をボロ布などで包んでおいてください。

 また、わいてしまったら、消石灰を真っ白にならない程度に適量を袋の中に入れかき混ぜ、生ごみの投入は止めてください。消石灰は強アルカリ性のため、ウジなどは数日で死んでしまいます。この場合、微生物も死んでしまい発酵が止まりますが、生ごみを投入すると直ぐに分解が再開されます。

【その他】

 他に、ミミズやゴキブリを使った生ごみ堆肥化の方法がありますが、これは個人の好みが入る世界だと思いますので、コメントはしません。堆肥化の効果としてはあるようです。


貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化・環境問題:家庭用生ごみ処理機は地球環境にいいのかはこちら