TOPページ > 検索結果

検索結果 【カーシェアリング】

大阪府で電気自動車(EV)のカーシェアリングによる地球温暖化原因対策

 大阪府の協力を得て、オリックス自動車、日本ユニシス、イード、JCBは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、2011年3月1日から大阪府内において電気自動車(EV)のカーシェアリングを開始している。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の電気自動車(EV)カーシェアリング事業は、フランスのパリで2011年中に実施が予定されている無人のカーステーションを利用して、24時間365日いつでも電気自動車(EV)を利用することができる「Autolib」の日本版となっている。環境省が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として推進している地球温暖化対策技術開発等事業の「電気自動車(EV)による日本版Autolibに関する技術開発」の採択を受けた「大阪電気自動車(EV)アクションプログラム」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として実施されるという。この電気自動車(EV)カーシェアリングの特徴は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として単に電気自動車(EV)を貸し出すというだけではなく、電気自動車(EV)を運用に必要な社会インフラの整備を同時に行うことに特徴がある。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として電気自動車(EV)を利用する者が安心して走行できるよう、「大阪府充電インフラネットワーク」として、充電サービスの管理と携帯電話等を使った情報提供が実施される。この大阪府ネットワークは、日本ユニシスが運営する「smart oasis」の機能として運営され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として大阪府内各所に現在26か所の充電ステーションが用意されている。また、こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献できる充電インフラを使用し、電気自動車(EV)でのドライブをサポートするスマートフォンアプリである「電気自動車(EV)充電サーチ」が提供される。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策も視野に入れた『e燃費』でガソリンスタンドの口コミ情報を提供しているイードがそのノウハウを活かし、出発地から目的地までの距離確認、ルート周辺の充電可能場所の表示、電気自動車(EV)スタンドの口コミ情報、電気自動車(EV)スタンドの空き情報など電気自動車(EV)利用に必要な情報を簡単に入手できるようにしていくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 大阪府で電気自動車(EV)のカーシェアリングによる地球温暖化原因対策はこちら

東京都港区のオリックス自動車はフィットハイブリッドHVのレンタカー・カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 オリックス自動車(東京都港区芝三丁目)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ホンダ(東京都港区南青山)のハイブリッドカー(HV)のフィットハイブリッドHVをオリックス自動車のレンタカー用及びカーシェアリング用に合計743台導入すると発表した。オリックス自動車のレンタカーとカーシェアリング用の車両としてハイブリッドカー(HV)の品ぞろえを増やすことで、利用者の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と燃料コストの削減に貢献する。オリックス自動車は、これまでも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ホンダのハイブリッドカー(HV)インサイトをレンタカーとして400台導入したほか、カーシェアリング全車両に二酸化炭素(CO2)排出量削減のカーボンオフセットを導入するなど、環境問題に配慮した取り組みを強化してきている。フィットハイブリッドHVのレンタカーでは、オリックス自動車全国457拠点に643台を配備し、11月12日からレンタルを開始するという。フィットハイブリッドHVのカーシェアリングは、12月中旬から首都圏・中部エリアで、2011年1月から大阪エリアで、の合計70拠点に100台を配備するという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のフィットハイブリッドHV導入を記念して、オリックス自動車では、キャンペーンを11月12日から2011年3月31日まで実施する。期間中、オリックス自動車の対象店舗では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策キャンペーンとして、フィットハイブリッドHVのレンタル料金を通常料金の20%割引でレンタルする。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都港区のオリックス自動車はフィットハイブリッドHVのレンタカー・カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

大阪府は電気自動車(EV)のAutolib(オートリブ)カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 大阪府大阪市で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、オリックス自動車(東京都港区芝)、日本ユニシス(東京都江東区豊洲)、イード(東京都中野区中央)、ジェーシービーJCB(東京都港区南青山)の協力の下、2011年1月から、電気自動車(EV)の共同利用事業プロジェクトを発足する。これは、環境省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業として実施している、平成22年度地球温暖化対策技術開発等事業において「電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)に関する技術開発」の採択を受けた取組みである。Autolib(オートリブ)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、フランスのパリ市で2011年から運用開始予定となっている電気自動車(EV)カーシェアリングで、3000台の電気自動車(EV)と1000か所の電気自動車(EV)カーステーションを設け、24時間365日電気自動車(EV)を利用可能とするものである。現在、パリ市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として行っている自転車貸出システム「Velib(ヴェリブ)」が成功したことから、電気自動車(EV)カーシェアリングにおいても同様に無人で貸出・返却を行おうとするものである。今回の電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)プロジェクトでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大阪府大阪市において、日本版オートリブの実現に向けた技術開発を行うという。電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)プロジェクトでは、日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)の電気自動車(EV)「リーフ」用のカーシェアリングシステムや、大阪府が推進し近畿圏への普及を目指す「大阪府充電インフラネットワーク」利用時にエコ・アクション・ポイントが付与される仕組みのほか、電気自動車(EV)利用時に目的地までの走行距離確認や充電場所情報をスマートフォンで入手できる情報提供システムなどといった、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大阪府下で電気自動車(EV)社会の普及推進に向けたサービスを開発するという。このうち、オリックス自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「充電インフラシステムと連携した電気自動車(EV)カーシェアリングシステムの開発」を目的とし、電気自動車(EV)リーフ用カーシェアリング車載装置の開発や、大阪府内内でのワンウェイ(乗り捨て)運用ロジックの開発を担当する。日本ユニシスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)カーシェアリングシステム、充電場所情報提供システム、エコ・アクション・ポイントシステムとのシステム連携を開発する。イードは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の大阪府内の充電場所情報提供システムの開発として、貸出用電気自動車(EV)の出発地から目的地までの走行距離事前確認、走行ルート周辺部の電気自動車(EV)充電可能場所の確認、また、日本ユニシスと連携し大阪府内の充電スタンドの満空情報の提供システムを開発する。ジェーシービーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、大阪府のエコ・アクション・ポイント利用における電気自動車(EV)充電インフラと、ユーザーインターフェースについて開発を行う。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての大阪府の実証事業の3年計画のうち、1年目は12台の日産自動車の電気自動車(EV)リーフを導入予定であり、3年後には約50台の電気自動車(EV)導入を大阪府は計画しているという。また、大阪府は、2011年度以降には、大阪府内で電気自動車(EV)のワンウェイ利用の実証実験を行うなど、カーシェアリングの利便性をさらに向上させるためのサービスの開発を計画しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府は電気自動車(EV)のAutolib(オートリブ)カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市とパーク24(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市の公用車を活用して電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及促進を目的としたカーシェアリングと充電利用の実証実験を実施すると発表した。福岡県北九州市において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を活用した大規模な実証実験は初めてのケースであり、2010年11月中旬から約1か月間にわたって実施するという。福岡県北九州市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組む環境モデル都市として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの環境問題対応の次世代自動車の導入を推進している。今年度は国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験」に選定されている。これを受け、福岡県北九州市はパーク24の協力を得て電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)カーシェアリングの実施による、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を実施することになった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、平日に福岡県北九州市が公用車として使用している三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」とトヨタのプラグインハイブリット「プリウスプラグインハイブリッド」を、福岡県北九州市役所が休みとなる土・日・祝日に福岡県北九州市民に無料で貸し出すというものだ。同時に、パーク24が福岡県北九州市内で運営する時間貸駐車場「タイムズ」のうち、約15か所に電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電設備を設置し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の運転と駐車場での充電を体験してもらうという実証実験になっている。福岡県北九州市民に次世代環境自動車を体感してもらい、地球環境問題への意識を高めてもらうと同時に、走行ルートや走行距離、充電施設の利用時間などを調査し、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及に向けた問題点を把握するために活用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入し、公用車として利用している電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を、11月から土日祝日などの北九州市役所の閉庁日に北九州市民に対して無料で貸し出すと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に有効な電気自動車(EV)の普及や、乗りたい時だけ借りる「カーシェアリング」のPRを図る目的がある。北九州市環境局によると、期間は11月中旬から12月中旬の土日曜と祝日に貸出を行うという。北九州市が無料で貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の公用車として活躍している三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」の2台となる。北九州市の閉庁日に貸し出すため、JR小倉駅(福岡県北九州市小倉北区浅野)とJR黒崎駅(福岡県北九州市八幡西区黒崎3丁目)近くのマツダレンタカー(広島県広島市南区金)に委託し、貸し出しを行う。また、北九州市内でパーク24(東京都千代田区有楽町)が運営するコインパーキング「タイムズ」約10か所で1時間程度無料で駐車できるという。三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」のレンタル希望者は、10月1~15日に北九州市環境モデル都市推進室(093-582-2239)に申し込む必要がある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

イオンモールとオリックス自動車はカーシェアリングで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減

 イオンモール(千葉県千葉市)とオリックス自動車(東京都港区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、大型ショッピングモールを拠点としたカーシェアリングサービスを共同で展開すると発表した。まずは、9月からイオンモール新瑞橋(愛知県名古屋市南区)及びイオンモール鶴見リーファ(大阪府大阪市鶴見区)において、10月から京都ファミリー(京都府京都市右京区)においてショッピングモール駐車場を地球温暖化の原因防止対策としてカーステーション化を実施するという。イオンモールでは、パンフレットの設置やポスター掲示などを通じて、カーシェアリングサービスをPRしていくという。イオンモールでは、低炭素社会への移行が全世界的な課題となっている中、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らしていくことがリーディングカンパニーとしての責務と考えている。これまでも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、太陽光発電用パネルや氷蓄熱システムの導入のほか、屋上緑化、壁面緑化、サインや照明へのLED(発光ダイオード)照明の採用など、エコロジーを考えた設備の導入及び自然エネルギーの活用に力を入れてきた。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、地球環境負荷の低減に役立つカーシェアリングをショッピングモールに導入することで、周辺エリアの車の台数を減らす予定である。さらに、イオンモールでは、地球温暖化の原因防止対策に加えて、地域で生活する人々の、より豊かで彩りある暮らしの実現に貢献し続けることを存在意義と考えており、「コミュニティ機能の充実」及び「地域に根ざしたモールづくり」に貢献できると考えたという。また、オリックス自動車では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、2002年からカーシェアリング事業を全国的に展開しており、現在は、関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、中部(愛知県、三重県)、近畿(京都府、大阪府、兵庫県)の各エリアにカーステーションを設置している。カーシェアリングに使用する自動車から排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の全てを自社でオフセットして計上している。カーシェアリング用の自動車には、カーナビゲーションには走行時の燃費と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が表示され、エコドライブ度も5段階で表示される専用車載システムを備えるなど、環境問題に配慮したカーシェアリングを積極的に推進している。地球温暖化の原因防止対策に貢献するカーシェアリングは、利用者が必要な時に必要な分だけクルマを使う仕組みであるため、保有時に係る車両代金や駐車場代金、税金、保険料金、車検代金などの維持費が不要となり、大幅なコスト削減に繋がる。また、カーシェアリングが普及すると、自動車利用が抑制され、環境負荷の低減にも繋がることから、ショッピングモール周辺に住む人々にカーシェアリングを利用してもらうことによって、車にかかる費用の節約と周辺エリアの地球温暖化の原因防止対策など環境負荷低減に貢献できるものと考えているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> イオンモールとオリックス自動車はカーシェアリングで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減はこちら

神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の低炭素型モデル地域形成を目指す

 神奈川県横浜市は、既に内閣府から認定を受けている環境モデル都市の基幹プロジェクトの一環として、神奈川県横浜市内の金沢臨海部を拠点に地球温暖化の原因防止の環境と経済の両立を図る「横浜グリーンバレー構想」の具体化に乗り出した。地球温暖化の原因防止の太陽光発電など再生可能エネルギーやEV(電気自動車)カーシェアリングの導入、環境・エネルギー産業の育成支援などに取り組み、地球温暖化の原因防止の低炭素型のモデル地域形成を目指すという。神奈川県横浜市では、環境モデル都市の認定を受け、昨年8月に神奈川県横浜市地球温暖化対策事業本部長の諮問機関として発足した「横浜グリーンバレー実行計画策定委員会」(委員長・鈴木伸治横浜市大准教授)が地球温暖化の原因防止の構想の具体化を検討していた。構想の名称には、米国のシリコンバレーの環境版を最終目標とする狙いを込めたという。住宅団地、産業団地、公園・緑地帯、海といった横浜市のすべての要素がコンパクトに集まっている金沢臨海部の地域特性を生かし、地区内に三つのモデル地区を設定し、当面は家庭や事業所などの使用エネルギーと地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギー供給量のモニタリング、EVカーシェアリング、地区内にキャンパスを置く横浜市大と連携した環境教育などに着手するという。神奈川県横浜市は、2050年までの長期構想として、(1)地球温暖化の原因防止の低炭素化を図るエネルギー施策の展開(2)世界に求められる地球温暖化の原因防止の環境・エネルギー産業の育成(3)既存施設や自然環境を利用した地球温暖化の原因防止の環境啓発拠点の創出を3本柱に施策展開していく予定となっている。神奈川県横浜市は、事業の推進組織として2010年度中に事業者、住民、民間団体、行政などで構成する「横浜グリーンバレー推進協議会」を設置し、地元の横浜市大や関東学院大などとも連携し、省エネや環境ビジネスといった地球温暖化の原因防止の分野別のワーキンググループも設け、エネルギーや環境関連の事業化、製品化にも取り組むという。神奈川県横浜市は、「金沢臨海部をモデルに地球温暖化の原因防止の低炭素社会への移行を進めるとともに、環境との調和を図ることで、地域経済の持続可能な発展を実現したい」と話している。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の低炭素型モデル地域形成を目指すはこちら