TOPページ > 検索結果

検索結果 【アメリカ】

日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコカーとして、12月から日本とアメリカで発売する電気自動車(EV)リーフの生産を日産自動車追浜工場(神奈川県横須賀市)で始めた。電気自動車(EV)リーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しないゼロエミッションカーで、日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)を次世代エコカーの主役と位置づけており、電気自動車(EV)リーフ発売が秒読み段階にに入ったという。日産自動車が発売する電気自動車(EV)リーフがフル充電での走行距離は約160キロで、日本での販売価格は376万円となり、国の補助金を差し引くと299万円となるという。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の主役として、電気自動車(EV)リーフの年間生産台数をルノー分も含めて2012年に50万台に引き上げる考えを表明している。電気自動車(EV)リーフを最初に生産する神奈川県横須賀市の日産自動車追浜工場では、生産効率を高めるため、小型車「キューブ」などと同じ生産ラインで製造するという。日産自動車では、電気自動車(EV)リーフを11月にアメリカ向けの輸出を開始し、12月にはヨーロッパ向けの輸出も始めて2011年1月から販売する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

欧州連合(EU)はスマートグリッドで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考えるイベントとして、2010年10月18~21日に、アメリカワシントンDCで開催中のスマートグリッドの「GridWeek 2010」には、スマートグリッドにかかわるキーパーソンが世界各地から集まった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるスマートグリッドの国際事情を説明するパネル講演において、Sanchez Jimenez氏は、欧州連合(EU)におけるスマートグリッドについて次のように述べた。「2020年までに、欧州連合(EU)で消費するエネルギーの20%は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる再生可能エネルギーから得るようにしたい。それに加えて、エネルギーの消費を20%削減する。これらの数値を、我々は『20/20/20』と呼ぶ目標の中で掲げている。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の政策に基づく項目を実現するには、スマートグリッドの導入が不可欠だ。」欧州連合(EU)に加盟する国々も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギーの導入に関して高い目標を設けていると、GridWeekに参加する関係者は語る。例えば、デンマークは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2050年までにすべてのエネルギーを再生可能エネルギーで賄うことが可能だとしている。また、ドイツは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2050年までに全エネルギーに対する再生可能エネルギーの導入率を80%にしたいとする。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の高い目標に到達するには、発電量が時間で変動しやすい再生可能エネルギーを効果的に利用するスマートグリッドの仕組みは避けられない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、スマートグリッドが今後ますます重要になるという認識は欧州連合(EU)各国にあるものの、2010年現在、短期的にはスマートグリッドの導入には高い壁があるという指摘もあった。例えば、Sanchez-Jimenez氏によると、欧州連合(EU)内の電力事業者や各国政府は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、スマートグリッドのパイロット・プロジェクトに取り組んでいるものの、スマートグリッドの有効性を十分に示すにはまだ結果が少ないとした。消費者にとっては、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になることは歓迎するものの、スマートグリッド導入による懸念材料がある。代表例は、スマートグリッドを導入すると、スマートグリッドと接続している消費者の家庭のエネルギー利用に関する個人情報が外部に流れることによって、プライバシーが侵害される恐れがある。個人のプライバシー侵害が懸念材料となり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のスマートグリッドの導入に消極的な国が欧州連合(EU)内にオランダなど数か国あるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 欧州連合(EU)はスマートグリッドで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

アメリカのNASAのデータでは地球温暖化の原因は二酸化炭素(CO2)排出量ではなく太陽活動サイクル

 「DAILY TECH」によると、地球温暖化の原因は人間の活動による温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量の増大にあるのではなく、太陽活動サイクルによってもたらせるものであるということが、アメリカNASAの研究によって証明されたというニュースが報じられている。地球温暖化の原因が、現在は人間の産業活動による温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量が増加したためという説が一般的になっている。そのため、世界的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みが行われており、再生可能クリーンエネルギーの開発や二酸化炭素(CO2)排出量取引制度、グリーン証書などが注目されている。しかし、これまでのアメリカのNASA研究データでは、太陽活動サイクルによる太陽の黒点の数の変化は地球の温暖化又は寒冷化の傾向と完全に一致していることが見て取れるという。太陽活動サイクルでは、20世紀は太陽活動が活発な時期に当たることから、地球は温暖化の傾向を示しているという。実際、最近のNASAの研究においても、非常に長い期間の気象データを見ると、地球の温暖化と寒冷化は周期的なものであると認められるという。NASA Study Acknowledges Solar Cycle, Not Man, Respansible for Past Warming.以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカのNASAのデータでは地球温暖化の原因は二酸化炭素(CO2)排出量ではなく太陽活動サイクルはこちら

京都府京都市で電気自動車(EV)による二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 印刷・情報サービス業を営む石田大成社(京都府京都市中京区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みをPRしていくため、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないオープンカーの2人乗り電気自動車(EV)を購入した。高性能スポーツカーの電気自動車(EV)は国内では珍しいことからも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策関連のイベントなどの主催者に電気自動車(EV)を無償で貸し出すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、購入したのはアメリカテスラモーターズ社の「テスラ・ロードスター」のオープンカーの2人乗り電気自動車(EV)で、5月に初めて正規輸入された日本限定モデルのうちの1台となっている。テスラ・ロードスターの電気自動車(EV)は、リチウムイオンバッテリーを搭載しており、フル充電で390キロという他の電気自動車(EV)と異なり長距離を走行することができる。また、テスラ・ロードスターの電気自動車(EV)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策だけでなく、発進から3.7秒で時速100kmに達するスーパーカー並みの高速性能が売りとなっている。石田大成社の阿部達三会長がアメリカのテスラモーターズ社を訪問した際に「古都京都には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、世界最高技術水準にあるテスラ・ロードスターの電気自動車(EV)が似合う」と購入を決め、購入価格は約1,760万円で、うち261万円の経済産業省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る補助金を受けたという。石田大成社は社会貢献活動の一環として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題関連の催しにテスラ・ロードスターの電気自動車(EV)とともに運転手も原則無料で提供し、市民には助手席に乗って電気自動車(EV)の良さを体験してもらうという。同社は「話題性のあるオープンスポーツ電気自動車(EV)を通して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など地球環境問題を考えてもらうきっかけになれば」と期待している。問い合わせは石田大成社(Tel075-211-9119)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市で電気自動車(EV)による二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

中国の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は世界最大

 国際エネルギー機関IEA、本部・パリ)が公表した統計によると、中国の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が2008年に世界最大の65億トンに達し、2位のアメリカとの差がさらに広がったという。インドの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も伸びており、新興国に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を求める声がさらに強まりそうだ。2008年の世界全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は294億トンで前年比1%の増加となっている。中国の二酸化炭素(CO2)排出量は前年より8%増えたが、アメリカは3%減って56億トンになった。2007年では、約3億トンだった中国とアメリカの二酸化炭素(CO2)排出量の差は約10億トンにまで拡大した。インドの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は8%増の14億トンであった。一方、欧州連合(EU)の二酸化炭素(CO2)排出量は2%減の38億トンで、日本の二酸化炭素(CO2)排出量は7%減って11億5千万トンだった。先進国の多くはリーマン・ショックなどによる景気後退で工業生産などが減少したことから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も減少した。中国の二酸化炭素(CO2)排出量排出量は2000年の段階ではアメリカの二酸化炭素(CO2)排出量半分程度しかなかったが、その後、経済発展と共に急激に増加し続け、2007年にはアメリカを抜いて世界最大の二酸化炭素(CO2)排出国になった。2009年11月に中国は、国内総生産(GDP)当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2005年の水準に比べて2020年までに40~445%削減するという目標を掲げた。中国天津で開かれている国連気候変動枠組み条約の作業部会でも、中国政府が検討中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を説明しているが内容は不十分である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 中国の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は世界最大はこちら

アメリカのオバマ大統領はグリーン・ニューディール政策で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策をPR

 アメリカのオバマ大統領は、グリーン・ニューディール政策を進めているが、今般、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進する再生可能エネルギー促進計画の一環として、ホワイトハウスの屋根に太陽光発電パネル2枚を設置すると発表した。アメリカを象徴するホワイトハウスが率先して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電パネルを取り入れることで、アメリカ国民の間で再生可能エネルギー導入の機運を高めるのことを目的としている。アメリカのスティーブン・チューエネルギー長官によると、ホワイトハウスへの太陽光発電パネル納入業者は入札で決定するという。ホワイトハウスではかつて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ジミー・カーター元大統領が在任時に太陽光発電パネルを設置したが、次に就任したロナルド・レーガン元大統領が撤去させている。また、アメリカの国有地のほとんどを管理する内務省は、アメリカカリフォルニア州南部の砂漠地帯で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、半導体技術テセラと石油シェブロンが進める太陽エネルギー開発プロジェクトへの認可を発表した。オバマ大統領は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーを促進しながら経済を発展させるグリーン・ニューディール政策を掲げている。2009年の景気刺激対策として、政策促進と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指して、太陽エネルギーなどの再生利用可能エネルギーの促進を盛り込んでいた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカのオバマ大統領はグリーン・ニューディール政策で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策をPRはこちら

シャープはアメリカで太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 シャープ(大阪府大阪市阿倍野区長池町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進するアメリカの太陽光発電プラント開発会社、リカレント(アメリカカリフォルニア州サンフランシスコ)を買収することで合意した。買収を機に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「グリーンニューディール政策」でソーラー関連市場が拡大しているアメリカで、再生可能エネルギーの太陽光発電事業への本格的な進出を目指すという。買収金額は今後交渉し、年内には買収を完了させる見込みだという。リカレントは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電プラントの開発及び販売専門業者で、北アメリカで再生可能エネルギーの太陽光発電所の開発案件を多数手がけている。現在はアメリカ、カナダを中心に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、出力合計約200万kwの太陽光発電所の開発を計画しており、欧州でも太陽光発電事業を展開している。シャープによると、アメリカでの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての再生可能エネルギーの太陽光発電事業は、発電所を開発、設置する事業者、発電所に太陽電池パネルなど部材を供給する事業者など分業態勢となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電事業への進出には、発電所開発を担う事業者の買収が不可欠だったという。シャープは発電所への太陽電池パネル納入に加え、アメリカでの太陽光発電事業へ本格参入する態勢を整えた。シャープは7月に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、イタリアの電力大手エネルグループと再生可能エネルギーの太陽光発電事業の合弁会社を設立している。欧州での太陽電池パネル生産に加え、再生可能エネルギーの発電所建設を検討するなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する海外事業を強化している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> シャープはアメリカで太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

アメリカで大規模太陽光発電所建設による二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策

 再生可能エネルギー風力発電及び太陽光発電システムによる発電事業を手がける東京電力(東京都千代田区内幸町)が60%と豊田通商(愛知県名古屋市中村区名駅・東京都千代田区丸の内)が40%の共同出資会社ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区虎ノ門)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカカリフォルニア州で世界最大級となる総出力4万5,000kwの再生可能エネルギーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。大規模太陽光発電所(メガソーラー)は、2011年6月の操業開始を目指し、今月中にも着工するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)に使用する太陽電池は、シャープ(大阪府大阪市阿倍野区)の薄膜型とよばれるタイプを採用するという。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の総事業費は、約2億2,000万ドル(約185億円)となっており、ユーラスエナジーホールディングスとアメリカカリフォルニア州地元の卸電力会社が50%ずつ出資する。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の操業開始から20年間、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカカリフォルニア州最大手の電力会社PG&E社に再生可能エネルギーの電力を販売する予定となっている。ユーラスエナジーホールディングスは、日本を含む6か国で現地資本などと組み、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの風力発電を中心に出力計約190万kwの発電事業を展開しているが、今後5年間でさらに100万kw分の風力発電又は太陽光発電システムによる発電所を建設する計画を有している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムは、韓国で2008年5月に操業を始めた994kwの発電所1か所だけだったが、今後は今回の大規模太陽光発電所(メガソーラー)も含め、新設する発電所の10分の1に当たる10万kwを大規模太陽光発電所(メガソーラー)でまかなうという。アメリカでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの普及のため連邦政府が補助金など支援策を拡充しているうえ、カリフォルニア州では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電力会社に一定以上の再生可能エネルギー導入を求めるRPS法もある。このため、ユーラスエナジーホールディングスでは「アメリカの再生可能エネルギーの太陽光発電システムの市場規模は、今後、年40%程度の成長が見込まれる」といい、アメリカでの大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を拡大していく考えだ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設の許認可手続きなどは、再生可能エネルギーの風力発電と似通っているため、これまでの風力発電建設のノウハウを生かして事業拡大ができるという。ユーラスエナジーホールディングスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関心が高まっている中、今後の事業拡大に備え、今年2月に株主の東京電力及び豊田通商を引受先とする250億円の増資を実施した。東京電力のユーラスエナジーホールディングスへの出資比率は60%となっている。東京電力は2020年までの経営計画で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーの電源を積極導入する方針を掲げており、ユーラスエナジーホールディングスを通じて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する海外での風力発電や太陽光発電事業を拡大する方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカで大規模太陽光発電所建設による二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策はこちら