TOPページ > 検索結果

検索結果 【アイミーブ】

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入し、公用車として利用している電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を、11月から土日祝日などの北九州市役所の閉庁日に北九州市民に対して無料で貸し出すと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に有効な電気自動車(EV)の普及や、乗りたい時だけ借りる「カーシェアリング」のPRを図る目的がある。北九州市環境局によると、期間は11月中旬から12月中旬の土日曜と祝日に貸出を行うという。北九州市が無料で貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の公用車として活躍している三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」の2台となる。北九州市の閉庁日に貸し出すため、JR小倉駅(福岡県北九州市小倉北区浅野)とJR黒崎駅(福岡県北九州市八幡西区黒崎3丁目)近くのマツダレンタカー(広島県広島市南区金)に委託し、貸し出しを行う。また、北九州市内でパーク24(東京都千代田区有楽町)が運営するコインパーキング「タイムズ」約10か所で1時間程度無料で駐車できるという。三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」のレンタル希望者は、10月1~15日に北九州市環境モデル都市推進室(093-582-2239)に申し込む必要がある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛知県岡崎市で電気自動車(EV)タクシーによる二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策

 愛知県岡崎市にあるタクシー会社「岡陸タクシー」(愛知県岡崎市上六名3)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)によるタクシー営業運行を開始した。電気自動車(EV)タクシーは、愛知県内はもちろんのこと東海3県でも初めての導入となるほか、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)タクシーとしては初めて自動開閉機構を取り付けた」と同社の浅岡社長は得意げに話す。タクシー用車両は、燃料をガソリンではなく液化石油ガス(LPG)で走行するため、燃費や経済性の面ではハイブリッド車(HV)にも引けを取らないことから、同社ではこれまでハイブリッド車(HV)導入は見合わせていた。しかし、地球環境問題に優しい電気自動車(EV)タクシーの場合、エンジンはないことから何も燃料を使わずに、リチウム電池とモーターだけで走行し、しかも、走行中は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOX)などの排気ガスを一切出さないという特徴がある。このため、燃費面だけでなくクリーンであることからも、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策対策として環境問題を重視する世相に対して当社にできることを行う」として電気自動車(EV)タクシーを導入したという。社用車としては、既に2009年秋から三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「i-MiEV(アイミーブ)」をテスト導入していた。「電気自動車(EV)のi-MiEV(アイミーブ)は、三菱自動車岡崎工場がある愛知県岡崎市にとって言わば地元産の電気自動車(EV)。実はテスト用でなく電気自動車(EV)のタクシー営業車として導入する予定だった。陸運局認可の機会を様子見していた」という。電気自動車(EV)タクシーの運行予定は、平日の8時~19時としている。待機拠点は名鉄東岡崎駅と三菱自動車岡崎工場の2箇所を予定している。現在、電気自動車(EV)の充電設備は愛知県岡崎市内の同工場と同社岡陸タクシー、さらに、岡崎市役所の3か所となっており、1回約7時間のフル充電で最大160kmの走行ができる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県岡崎市で電気自動車(EV)タクシーによる二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策はこちら

岡山県岡山市が電気自動車(EV)の無料レンタルで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策

 岡山県岡山市は9月21日から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、岡山市内観光用に電気自動車(EV)の無料レンタルを始めると発表した。9月19日から二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の無料レンタルを受け付けるという。電気自動車(EV)の無料レンタルによる貸し出しは、岡山県と倉敷市が休日に限って行っているが、平日のレンタルの実施は岡山県内で初の試みだという。岡山市環境保全課では「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる環境問題に優しい電気自動車(EV)で岡山市の郊外まで足を運んでほしい」と話している。これは、岡山市による本格的な電気自動車(EV)普及に向けた、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験の一環の取組みであり、岡山市内観光向けの電気自動車(EV)レンタルの可能性を探るという。このため、レンタル利用者には電気自動車(EV)の乗り心地や充電施設に関するアンケートを行うほか、電気自動車(EV)の走行データを収集することとしており、実施期間は12月20日までの3か月間となっている。今回の電気自動車(EV)の無料レンタルは、岡山市がオリックス自動車(東京都港区)に委託して実施するもので、同社の店舗で電気自動車(EV)を貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取り組んでいる鹿児島県屋久島町や京都府京都市などに続いて国内で5番目の取組みになる。今回は岡山市内のレンタカー2店舗で三菱自動車の電気自動車(EV)「アイミーブ」1台ずつを貸し出す。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)無料レンタルの貸し出しは、午前8時から午後8時までの12時間で、事前予約はレンタカージャパレン岡山駅東口営業所で受け付ける。電気自動車(EV)無料レンタルの貸し出しは、岡山市内を観光することが条件で1人1回に限るが、電気自動車(EV)のレンタルは岡山市民以外も可能だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡山県岡山市が電気自動車(EV)の無料レンタルで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策はこちら

長野県松本市は電気自動車(EV)レンタカーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 総合物流の鈴与グループの商社である鈴与商事(静岡県静岡市)は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、この9月から長野県松本市内において電気自動車(EV)のレンタカーを開始すると発表した。電気自動車(EV)5台を導入して、長野県松本市内の同社の営業所や長野県営松本空港などでレンタカーのレンタルを受け付けるという。松本市の今回のような電気自動車(EV)レンタカーの本格的な営業は長野県内で初めてのこととなるという。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行時にまったく排出しないなど、環境問題に優しい電気自動車(EV)レンタカーや電気自動車(EV)タクシーは、長野県の松本市が観光の目玉に据えようと積極的に導入を推進しており、鈴与商事が松本市に賛同して取り組むことになったといい、長野県営松本空港利用促進の面でも期待されている。なお、長野県営松本空港に就航しているフジドリームエアラインズ(静岡県牧之原市)も鈴与グループの会社である。松本市内に導入される電気自動車(EV)は、三菱自動車(東京都港区芝)製の「i-MiEV(アイミーブ)」で、子会社が運営する「エックスレンタカー松本駅前営業所」(長野県松本市深志)に配備する。電気自動車(EV)に必要となる充電設備に関しては、同営業所と長野県中南信地区の鈴与グループのガソリンスタンド計15か所に整備するという。そこでの充電は当面、無料にして一般の他の電気自動車(EV)利用者にも開放するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県松本市は電気自動車(EV)レンタカーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら